2012年04月17日

感情を認識できるようにコンピュータを訓練すること!

美容と医学の科学

BBC Newsは、感情コンピューティング研究グループ(Affective Computing Research Group)は、混乱のような顔の表情およびトラック基本状態を読むことができるコンピューターに作用し、好きか、嫌いかなどを判断できるようにさせようとしていると報告した。

電子腕輪(手錠だね)のようなウェアラブル・デバイスは汗レベルで微少変化を測ることにより、ストレスまたは興奮を検知することができる。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

研究者ラナ・エル・カリオビー(Rana El Kaliouby)は、
「感情計測技法はすぐにユビキタスになります。」
「それは、人々が新しい異なる方法で通信することを可能にするでしょう。」
「それは、Facrbook上の「好きボタン」の一種の非常に精巧なバージョンです。」
この技術のアプリケーションは広範であると言っている。

医学的に、それは、感情を読むために自閉症障害に対して人々を支援することができた。
営利上、視聴者の情緒的なレスポンスの追跡により、広告を評価するためにそれを使用することができるかもしれない。

開発者はさらに、エジプトの革命のような社会運動にとって、それが重要な意味合いを持つかもしれないと言った。

MIT(Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学)に基づく研究グループは、どのように、これらの機械加工、そして、なぜそれらは、将来に大きな役割を果たすかについて、BBCに示した。

もしかすると、嘘発見器のように恐ろしいことになる可能性がある。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト