2012年04月03日

マレーシアのCIMBが、RBSのアジア-太平洋ユニットを買収!

銀行

BBC Newsは、シティグループ(Citigroup)と同様に、いやそれ以上に瀕死の状況であったRBS(Royal Bank of Scotland/ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)のアジア-太平洋ユニットのうちのほとんどをマレーシアのCIMBが4億3,180万マレーシア・リンギット(US$1億4100万)で買収する取引を締結したと報告した。

つまり、RBSのアジア-太平洋ユニット完全撤退である。

それでも株は落ちている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

RBSが政府資金援助を受け取った後に、事業を合理化しようと企てて、縮小しようとしているときに、今回の取り引きは行われた。

BBC Newsは2012年02月23日に、RBS(Royal Bank of Scotland/ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)は2010年の£11億の赤字から上昇して、2011年の赤字はほぼ倍額の£20億を計上したと報告した。

CIMBは、事業を拡張しようと努力している。

CIMBの最高経営責任者ナーチア・ラザク(Nazir Razak chief executive of CIMB)は、「この獲得は次のレベルにCIMBを持っていきます」と言った。

RBSは、政府資金援助を受け取れたが、シティグループはそれが不可能だろう。
では、どこがシティグループのどのユニットを買収するか?

シティグループで注目されているのは、中国で展開している消費者金融だが、あれだけ広い中国で一桁の支店ではどうしようもない。

本格的に中国で展開するのであれば、支店はその1000倍必要になる。

BBC Newsは2012年03月14日に、シティグループ(Citigroup)を含む4つの米国の金融機関が、金融危機に耐えられるかもしれないことを示すことを目指したストレステストに失敗したと報告した。

BBC Newsは2011年12月06日に、米国銀行業務大手シティグループ(Citigroup)が経費を下げるため、世界中の4,500の仕事を削減すると言ったと報告した。

中国に本格進出するのであれば、こんな小手先では済まされないだろう。

すでに、この2行は、すでに倒産状態である。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト