2012年04月03日

ロバート・レッドフォード、ウォーターゲート・ドキュメンタリー製作。

BBC Newsは、ハリウッドスターのロバート・レッドフォード(Robert Redford)が、米国政治疑獄に関する映画に現われた30年以上後に、ウォーターゲート(Watergate)事件に関するドキュメンタリーを製作することを予定していると報告した。

俳優は、1976年の映画大統領の陰謀の中のジャーナリストとして、、リチャード・ニクソン大統領(President Richard Nixon)の辞職へのスキャンダル鉛の覆いを取るボブ・ウッドワード(Bob Woodward)を演じた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

レッドフォードは、「歴史の瞬間を見る適切な時間」であるとニューヨークタイムズに伝えた。

ドキュメンタリーは2013年に初演する予定になっている。

再訪されたすべての大統領の製作と同様に、75歳の俳優は、さらにナレーターを務める。

ワシントンのウォーターゲート事件複合体で民主党全国委員会の本部への侵入を囲んだ論争は、1974年に辞職するようにニクソンに促した。

映画の中で、ワシントンポスト・リポーターであったウッドワードとダスティン・ホフマン(Dustin Hoffman)によって描写されたカール・バーンスタイン(Carl Bernstein)は、スキャンダルの覆いを取る際に重要な役割を演じた。

それはニクソン・サポートグループのメンバーまでさかのぼられた。

1976年の映画は、勝利したウィリアム・ゴールドマンの一つを含む4人の映画台本作家の4点がノミネートされた。

ニュー・ドキュメンタリーはDiscovery Channelによって委任されており、スキャンダルがそれ以来40年間で米国政治およびメディアに起こった影響を調査する。

Discovery Channelの社長アイリーン・オニール(Eileen O'Neill)は、「作るものと本ものを引き合わせることができて、我々のうまみのある機会で初めての醍醐味です。」と言っている。

BBCニュースと話をしたレッドフォードは、ドキュメンタリーがメディアの調査報道の主源として新聞に取ってかわったと彼が信じたと言った。

スターは、新聞が「急激な衰退」にあり、ドキュメンタリーが「真実のよりよい形式」になった思ったと言った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。