gaYa広告

2012年03月21日

全世界でSamsung Galaxy S IIは、300万ユニットを販売。

Cellular-Newsは、サムソン(Samsung)が2012年03月21日に「サムソン銀河S II(Samsung Galaxy S II/モデル: GT-I9100)」が、300万ユニットを世界的なチャンネル販売で達したと発表したと報告した。

Samsung Galaxy S IIは、アンドロイド(Android)のデュアルコア、ディスプレイとスーパーAMOLEDを備えたスマートフォンに基づかせた最も重要なスマートフォン・デバイスになった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

サムソン・モバイル・コミュニケーション・ビジネスのヘッドで社長のJKシン(JK Shin)は、
「モバイルの世界大会2011で発表した、銀河S IIは私たちの最も高度なスマートフォンを現在まで表わし、市場を定義するデバイスとして、プレミアムを伝えるサムソンのコミットメントを実証します。」
「このマイルストーンは、銀河S IIを彼らの最も重要なアンドロイド装置に選んだ、世界中の私たちのキャリアー・パートナーからの継続的な強いサポートを反映します。」と言った。

ただし、アップルのiPhoneやiPadなどとの競争で、実質的な純益が一切発表されていないことが心配である。

アップルの場合は、コンテンツ販売での利益もあり、それがないサムソンのデバイス低価格化、高性能は、どこかで火の車になっていることだろう。

これはいつか、企業全体を虐めることになるかもしれない。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。