2012年03月21日

全世界でSamsung Galaxy S IIは、300万ユニットを販売。

Cellular-Newsは、サムソン(Samsung)が2012年03月21日に「サムソン銀河S II(Samsung Galaxy S II/モデル: GT-I9100)」が、300万ユニットを世界的なチャンネル販売で達したと発表したと報告した。

Samsung Galaxy S IIは、アンドロイド(Android)のデュアルコア、ディスプレイとスーパーAMOLEDを備えたスマートフォンに基づかせた最も重要なスマートフォン・デバイスになった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

サムソン・モバイル・コミュニケーション・ビジネスのヘッドで社長のJKシン(JK Shin)は、
「モバイルの世界大会2011で発表した、銀河S IIは私たちの最も高度なスマートフォンを現在まで表わし、市場を定義するデバイスとして、プレミアムを伝えるサムソンのコミットメントを実証します。」
「このマイルストーンは、銀河S IIを彼らの最も重要なアンドロイド装置に選んだ、世界中の私たちのキャリアー・パートナーからの継続的な強いサポートを反映します。」と言った。

ただし、アップルのiPhoneやiPadなどとの競争で、実質的な純益が一切発表されていないことが心配である。

アップルの場合は、コンテンツ販売での利益もあり、それがないサムソンのデバイス低価格化、高性能は、どこかで火の車になっていることだろう。

これはいつか、企業全体を虐めることになるかもしれない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。