on-the-time.jp

2012年03月21日

インドで貧困層は誰ですか?インドで誰が本当に貧困ですか?

BBC Newsは、インドで貧困層は誰か?と聞いたところで、実は、誰も全く判らないと言っている。

インドが不足していることに、正確な数の上で様々な評価がある。
また、計算は論争に陥った。

今週、計画立案委員会(Planning Commission)は、貧困線は2004-2005年のの37.2%から鋭く減り、インドの人口12億1000万人で29.8%が生きていると言った。

これは、約3億6000万人が現在貧困層で生活していることを意味する。

しかし、ある評価が、この図が77%高いかもしれないことを示唆した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

問題は、村で1日当たり22.42のルピー(44 US¢)に、都市の1日当たり28.65のルピー(56US¢)で住んでいる人の貧困線を用意することで、新しい計算が基づくということであると多数は信じている。

これは、インド中で主な討論を起こした、1日当たり32のルピー(65US¢)で貧困線をセットする、昨年の計画立案委員会による推薦より低かった。

昨年、活動家は、それが高いインフレおよび漏り無秩序の社会的便益を持った国で残存する。適切な合計を表わしたという彼のクレームをテストするために1日当たり半ドル銀貨で生活することを国の立案身体の頭に挑んだ。

それらは、クレームが大いに不公平で、中傷的に見えると結論を下した。

インドでは、貧困計算は家計支出の大きな標本調査に基づいている。

言いかえれば、それらは、食料品以外の消費ニーズのためにあるマージンで食物を買うために必要とされる購買力に基づいている。

田舎の貧困は、調査中の最新の期間に都市の貧困より速く傾き、貧困の新鮮な下落は、政府の田舎福祉プログラム上の増加した支出に起因した。

これは、完全な調査のパラドックスで、求める数字を先に出し、そこに貧困基準線を引いているだけである。

そこで生きている人は、無視されている。

インドが不足しているものは、よろめいて高いまま、何も解決していない。

また、より心配なこととして、人口統計および貧困層の社会的性格は、変わるようには見えなかったと言うことであった。

労働者(都市の臨時工、村の農場労働者)、部族民、「ダリット(Dalit)(低いカーストで、以前は不可触民呼ばれた/formerly called low caste untouchables)」およびイスラム教徒は、最も貧しいインド人のままであった。

貧困層のほとんど60%は、ビハール(Bihar)、ジャルカハード(Jharkhand)、オリッサ(Orissa)、マディヤプラデシュ(Madhya Pradesh)、チャティスガー(Chattisgarh)、ウタル・プラデシュ(Uttar Pradesh)およびウッタラカンド(Uttarakhand)であった。

インドの部族民および「Dalits」の85%はこれらの州に住んでいる。

大部分は、1973〜1974年の55%から、2009年〜2010年の29.8%へと、インドが貧困を削減したことに合意している。

しかし、それは、インドの合理的に高い経済成長率を考えれば、十分に速く起こっていない。

インド開発報告は、「高度成長、本質的ですが、持続可能な方式で貧困削減に十分ではない。」と言っている。

インドが最も不足している人の人口統計および社会的性格、何が間違っていか、何を急速に変えることできていないか

アービンド・ビルマニ(Arvind Virmani)のような経済学者は、公衆衛生と読み書きの能力の質の改善における、悪い支配、置き違えられた優先事項、未検査の腐敗および大きな失敗が責任があると言っている。

これはすべて正確である。

より重要なことには、インドの状態が本質的に反貧しいことで、これはすべてで起こると言っている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。