gaYa広告

2012年03月21日

NASAの「Dawn」は、巨大な小惑星ヴェスタの新しい表面特徴写真を公開。

NASAは、NASAのドーン宇宙船(Dawn spacecraft/夜明け宇宙船)は、巨大な小惑星「ヴェスタ(Vesta)」の表面についての予期していなかった詳細を明らかにしたと報告した。

新しい画像とデータは、ヴェスタの表面の多様性を強調し、異常な地質特性を明らかにした。
それらのうちのいくらかは以前に小惑星上で見ることがなかった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ヴェスタは、太陽系で最も明るい物体で、地球から肉眼で見える火星(Mars)と木星(Jupiter)の間のいわゆるメイン・ベルトでただ一つの小惑星である。

「Dawn」は、小惑星の歴史に関する手掛かりを明らかにして、「ヴェスタ」のいくつかのエリアが他のものよりほぼ2倍明るくなりえることを知った。

カレッジパークのメリーランド大学(University of Maryland, College Park)で「Dawn」に参加する科学者チーアン-ヤン・リー(Jian-Yang Li)は、
「私たちの分析で、この明るい材料がヴェスタによって始まり、40億年以上前のヴェスタの構成以来変化をほとんどしていないことが分かります。」
「私たちは、鉱物がこの材料を上へ何を作るか、また、現在のヴェスタの表面がどのようにして来たかに関してもっと学習することを熱望します。」と言ってる。

明るいエリアが、ヴェスタのどこにも現われるが、火口の中とその火口の近くでとても明るい。

そのエリアは、数百フィートから約10マイルまで横切って変化している。

ヴェスタの表面で衝突する岩は、この明るい材料を露出し、広げたように見える。

この衝突、プロセスは明るいマテリアルを暗い表面物質と混合したかもしれない。

学者はNASAのハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)からヴェスタの前の画像でも、いくつかの明るさ変化を見たが、「Dawn」科学者はさらにその表面を横切って別個の暗い部分のそのような広い種類を期待していなかった。

ヴェスタの暗いマテリアルはネズミ色、茶色および赤に見える場合がある。

それらが、時々衝突火口のまわりの小さく十分に定義された部分として現われる。

さらに、衝突クレーター科学者が、囲むものを「雪だるま(snowman)」の愛称で呼んだように、それらがより大きな地方部分として現われる場合がある。

テンピのアリゾナ州立大学(Arizona State University, Tempe)で「Dawn」に参加する科学者デービッド・ウィリアムズ(David Williams)は、
「驚きのうちの1つは、任意に分配されない暗いマテリアルでした。」
「これは、根本的な地質学が、それがどこに生じるか決めることを示唆します。」と言っている。

科学者は、炭素に富んだ小惑星が遠方に爆破しないで、より小さな部分のうちのいくつかを生産するほど、低い速度でヴェスタに表面に衝突できたと理論付けた。

より高速の小惑星はさらに小惑星の表面を襲うことができ、既存の表面物質を暗くして、火山の玄武岩の外皮を溶かした。

それは塊状集積を溶かし、衝突火口の壁および床に、丘と尾根の上に、および噴出物と呼ばれる、より明るく、より最近の資料の真下に現わる、それは宇宙岩衝突から捨てられたマテリアルであった。

ヴェスタの暗い材料は、恐らく太陽系の生まれた時から、巨大な小惑星が小惑星体とその先からの古代の材料を保護するかもしれないことを示唆した。

メリーランド州ローレルのジョンズ・ホプキンズ大学応用物理研究所(Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory in Laurel, Md.)で「Dawn」の参加する科学者ブレット・デネービ(Brett Denevi)は、「これらの過去の衝突のうちのいくつかは非常に極度だったので、それらが表面を溶かす。」
「溶解を想像する夜明けの能力はユニークな発見をマークします。これらのように出来事を溶かすことは疑われました、しかし、小惑星上で見られた前に決してない。」と言った。

「Dawn」は、2007年9月に開始した。
2015年2月に、2番目の目的地ケレス(Ceres)に到着する予定になっている。

NASAのカリフォルニア州パサデナのJPL(Jet Propulsion Laboratory/ジェット推進研究所)の「Dawn」技師長マーク・レイマン(Marc Rayman)は、「Dawnがヴェスタの大がかりな調査は美しく行っています。」
「私たちがデータの寛大を集め続けるとともに、それは魅惑的な外国人景観を明らかにするためにぞくぞくしています。」と言っている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。