gaYa広告

2012年03月21日

引退処理後のスペースシャトル・エンデバー。

フロリダのNASAケネディ宇宙センターのオービター整備施設-2(Orbiter Processing Facility-2 at NASA's Kennedy Space Center in Florida)で、シャトルの後部にあったスペースシャトル・エンデバー(space shuttle Endeavour)の左の衛星軌道操作システムOMSパッド(pace shuttle Endeavour's left orbital maneuvering system OMS pod)が分解掃除され、再組み立ての準備が完了した写真を公開した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

OMSパッドは、各シャトルの引退処理の一部として、ニューメキシコにあるホワイトサンズ宇宙湾(White Sands Space Harbor in New Mexico)で完全に分解され、クリーニングされた。

19年間の経歴があり、その間に25回の任務に付き、宇宙で299日間過ごしたスペースシャトル・エンデバーは、ロサンジェルスにあるカリフォルニア・サイエンス・センター(California Science Center in Los Angeles)で公開展示されることになっている。

Image credit: NASA/Dimitri Gerondidakis

このデータで明らかなことは、地上感覚でたった25回乗っただけで廃棄される自動車は考えられないし、299日間宇宙で過ごすと、これほどボロボロになり、さらに、この程度の任務に19年間も必要だったということであり、合理性から言って、やたらに無駄なロスが多すぎ、将来再利用型の宇宙船を開発するときには十分考慮されるべきであり、またハリウッドの映画に登場する再利用型の宇宙船が、まったく科学的ではないことを明らかにしている。

噂通り、ジャンボ航空機とコンボイからの八曽で開発されたというのが真実なのかもしれない。

それ以上に、ジョージ・ルーカス(George Walton Lucas, Jr./1944 - )監督のスター・ウォーズ(Star Wars)などを見ていると、非科学的なでたらめの連続であったことに、気が付かされる。
もっともそれが許されるのがハリウッドであり、ハリウッド(Hollywood)とは、「大嘘つき」または、「詐欺師手段」「中身が空っぽの大ほら吹き」の代名詞と考えると、多くの点で納得できるのかもしれない。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト