gaYa広告

2012年03月21日

引退処理後のスペースシャトル・エンデバー。

フロリダのNASAケネディ宇宙センターのオービター整備施設-2(Orbiter Processing Facility-2 at NASA's Kennedy Space Center in Florida)で、シャトルの後部にあったスペースシャトル・エンデバー(space shuttle Endeavour)の左の衛星軌道操作システムOMSパッド(pace shuttle Endeavour's left orbital maneuvering system OMS pod)が分解掃除され、再組み立ての準備が完了した写真を公開した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

OMSパッドは、各シャトルの引退処理の一部として、ニューメキシコにあるホワイトサンズ宇宙湾(White Sands Space Harbor in New Mexico)で完全に分解され、クリーニングされた。

19年間の経歴があり、その間に25回の任務に付き、宇宙で299日間過ごしたスペースシャトル・エンデバーは、ロサンジェルスにあるカリフォルニア・サイエンス・センター(California Science Center in Los Angeles)で公開展示されることになっている。

Image credit: NASA/Dimitri Gerondidakis

このデータで明らかなことは、地上感覚でたった25回乗っただけで廃棄される自動車は考えられないし、299日間宇宙で過ごすと、これほどボロボロになり、さらに、この程度の任務に19年間も必要だったということであり、合理性から言って、やたらに無駄なロスが多すぎ、将来再利用型の宇宙船を開発するときには十分考慮されるべきであり、またハリウッドの映画に登場する再利用型の宇宙船が、まったく科学的ではないことを明らかにしている。

噂通り、ジャンボ航空機とコンボイからの八曽で開発されたというのが真実なのかもしれない。

それ以上に、ジョージ・ルーカス(George Walton Lucas, Jr./1944 - )監督のスター・ウォーズ(Star Wars)などを見ていると、非科学的なでたらめの連続であったことに、気が付かされる。
もっともそれが許されるのがハリウッドであり、ハリウッド(Hollywood)とは、「大嘘つき」または、「詐欺師手段」「中身が空っぽの大ほら吹き」の代名詞と考えると、多くの点で納得できるのかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト