2012年03月21日

空飛ぶプランクトン!?

BBC Newsは、橈脚亜鋼類(copepods)と呼ばれる小さな小エビのような生き物は、海洋の表面を通り抜けて捕食動物を回避するために大気によって飛ぶ、と米国の科学者が言ったと報告した。

それらは、明るく色がつけられたポンテリード橈脚亜鋼類(Pontellid copepods)は海氷に近く生きているが、魚を釣るのにどのようにそれほど豊富かが非常に顕著であるかを調査している。

Royal Society Bの記事で、科学者は、橈脚亜鋼類が水より空気の中でさらに移動すると言った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

Plankton reach new heights in effort to avoid predators
1. Brad J. Gemmell1,*,
2. Houshuo Jiang2,
3. J. Rudi Strickler3 and
4. Edward J. Buskey1

+ Author Affiliations
1.Marine Science Institute, University of Texas at Austin, 750 Channel View Dr, Port Aransas, TX 78373, USA
2.Woods Hole Oceanographic Institution, Mailstop 11, Woods Hole, MA 02543, USA
3.WATER Institute, University of Wisconsin Milwaukee, 600 East Greenfield Avenue, Milwaukee, WI 53204, USA

1.*Author for correspondence (bgemmell@mbl.edu).

* Received January 23, 2012.
* Accepted February 28, 2012.

彼らは、捕食動物もそれらがどこに降りるだろうかに関して混乱したとままであると言っている。

タラ(cod)、ポラック(pollock)およびヨーロッパ産の小型のタラ(whiting)を含むほとんどすべての営利上重要な魚は、橈脚亜鋼類を常食にしている。

この3種類の魚は、みんなタラと呼んでいる。

水面を通り抜ける橈脚亜鋼類は、19世紀末にすでに報告されている。

しかし、その時の観察者は、脱皮するためだと考えられていた。

後の報告書は、ジャンプが捕食動物からの逃避の一部であることが確認されなかったことを提案した。

テキサス大学オースチン校のブラッド・ゲッメル博士(Dr Brad Gemmell of the University of Texas in Austin)は、研究が海洋の表面、「ユニークで重要な生息地」より下の数mmのまわりの捕食者と被食者の相互作用上にほとんどいなかったと言った。

彼は、それが「逆説的である」と分かったと言った。
彼らが魚のためのいいカモであるべき場合、ポンテリード橈脚亜鋼類が特に、まだ非常に豊富だったことは生きていた。

橈脚亜鋼類の他の種と異なり、日光時間に隠れることができるところで、それらはより暗い水域まで移動しなかった。

代わりに、それらは表面に近くに居続けて、UV放射線からそれらを保護する多くの場合明るい青あるいは緑であった。

れらはさらに他の種より大きく長さ3mm(0.1インチ)であった。

それらが貧弱な生存率を持っていることをこれが連想させるだろうとブラッド・ゲッメル博士は言った。

しかし、彼の研究は、それらが10〜20をしばしば旅行して、水からジャンプする能力を持っていることを示した。空腹の魚を回避し、かつそれらの遠近法のフィールドから出るために大気によって自分の体長の時間を計る。

チームの計算は、橈脚亜鋼類が水の表面張力によって壊すべきそれらの運動エネルギーの39%以内を使用することを示した。

比較として、トビウオは07%未満の使用であった。

これは、橈脚亜鋼類が不必要な回避の回避によりそれらの適合性へのコストで食べられる危険の平衡を保たなければならないことを意味する、と論文が示唆した。

さらに、それらは、追われないかあるいは別の攻撃を受けないようにするほど、遠くに旅行することを確かめなければならなかった。

詳細調査はまだ必要だが、それらが水からジャンプすることをより簡単にするために、橈脚亜鋼類のある種が特別の適応物を持っているかもしれないことを、論文の中で示唆した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。