2012年03月21日

水素駆動のクラゲ・ロボットを開発!

BBC Newsは、発明されたロボット工学的なクラゲは水素によって燃料を供給されたと報告した。
米国のエンジニアは、彼らがクラゲのように水によって移動する、水素駆動ロボットを発明したと言っている。

それは「Robojelly」と愛称で呼ばれ、ロボットの開発は、まだ初期段階にある。

しかし、研究者は、水面下の救助作業の中で、それを使用することができるかもしれないことを望んでいる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ヨナセ・タデッセ(Yonas Tadesse)は、スマートなマテリアルと構造を書いて、クラゲの単純な泳ぐアクションを乗り物用に理想的なモデルにしたと言った。

理論上、水素手段によって燃料を供給されて、それはエネルギーを使い果たさない。

研究の第一著者ヨナセ・タデッセは、「私たちの知っている限りでこれは、燃料源として外部水素を使用する海洋ロボットで、最初に成功して動力を供給することです。」と言っている。

クラゲは、その傘のようなベルの内部の中で環状筋を使用して移動する。

それらが収縮するとともに、ベルはそれ自体に迫り、それ自体を前に推進するために水を放出する。

筋肉が緩む場合、ベルはそのオリジナルの形を回復する。

これを模写するために、乗り物はそれらのオリジナルの形を「思い出す」材料である形状記憶合金(remember)を使用した。

これらは、電気的性質で有名な純粋な炭素の小さな「ストロー」であるカーボン・ナノ・チューブで包まれ、白金黒パウダーで覆われた。

水の中の酸素および水素と、その表面上のプラチナの間の熱を生産する化学反応によって動力がロボットに供給される。

その反応からの熱は、ロボットの人工筋肉に転送され、それらを作り変える。

これは、「Robojelly」が外部動力源あるいはバッテリーからはみ出ることではなく、その環境からの燃料を再生成することができることを意味する。

米国のバージニア工科大(Virginia Tech in the US)からのチームは、これがエネルギーを使い果たす必要はないことを意味するかもしれないことを望んでいる。

つまり、理想的永久運動ロボットなのかもしれない。

現在、クラゲはその8つのベル・セグメントを同時に曲げている。
しかし、各セグメントを個々にコントロールする方法を計画している。

これは、より緊密にロボットをコントロールすることができるかもしれないし、異なる方角に動くことができたことを意味する。

米海軍と海兵隊に役立つプロジェクトで投資している米国海軍研究事務所(US Navy and Marine Corps)によって、この研究は支持されている。

米国海軍研究事務所から支援され得ていると、また殺人兵器に改良させられることだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。