2012年03月03日

ブラジルは、FIFAの事務局長ジェローム・バルケをボイコット!

BBC Newsは、ブラジルは、2014年ワールドカップ(2014 World Cup)の準備に関する彼の「承諾しがたい」コメントに従って、もはやフットボールの世界統治機関FIFAの事務局長ジェローム・バルケ(Jerome Valcke)と取り引きしないだろうと言ったと報告した。

ブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロ(Sports Minister Aldo Rebelo)は、ブラジルの競技に対応できるようにFIFAが誰か他の人を任命することを要求した。

ジェローム・バルケは、ブラジルに「ケツを蹴飛ばす。(kick up the backside)」を必要としたと言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

FIFAの事務局長としては、品のない発言である。
彼は、より良いワールドカップを勝ち取ることに、国がもっと組織する必要のあるように見えたと言った。
もっとも、サッカーは戦争であり、殴り合いの喧嘩でもあるので、品などは関係ないのかもしれない。

FIFAの事務局長ジェローム・バルケは、ブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロに対応し、動きが「幼稚である」と叫んだ。

ブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロは、ジェローム・バルケの不適当な発言に、ブラジルがもはや彼を喜んで迎えないだろうと言った。

「これらのステートメントに照らして、それらは任意のタイプの関係のための不適当で承諾しがたいコメントであることから、ブラジルの政府は、彼のおしゃべりに、それが対話者としてもはや事務局長ジェローム・バルケを認めないと彼に伝える手紙を送るでしょう。」とブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロが言いった。

ブラジルは、ジェローム・バルケではなく他のローカルのFIFA主催者と協力する。
ブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロは、FIFAが1月に訪問した後に述べたコメントを否定したと言した。

「事務局長は、事実または現実に相当しない評価をしました」とブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロは付け加えた。

FIFAの事務局長ジェローム・バルケはロンドンで、
「私は、なぜ事態が移動していないのか理解しません。」
「関係は、世界がブラジルへ行きたいので、非常に多くの人々を受け入れるためには何も作られないか、準備されているということです。すみませんが、この事態のためにブラジルで働いていません。」と言った。

FIFAの事務局長はさらに、ワールドカップのために規定するフレームワークを述べる法則を承認する際の遅れでフラストレーションを示した。

ブラジル議会によって現在考慮されているワールドカップ法案(The World Cup bill)は、競技場のアルコール販売、および学生と年金受領者への割引券販売を解禁する。

しかし、それは、グラウンド上の競技場で健康と安全のためにアルコール販売に反対する人々と同様に、FIFAにあまりにも多くの力を与えると言う議員によって反対された。

FIFAの事務局長ジェローム・バルケは、
「この場合、5年にわたって何も起こっていないので、事態がうまくいっていないと言う1つのコメントおよび私は何の問題がブラジルで起こっているか、今度だけは正確に言った-結果を、彼らが私にもう話しかけたくないという場合、彼らが私に一緒に仕事をしたい人ではないというのは、それは少し幼稚である。」と言った。

ブラジル政府は、それが永続する遺産と同様に成功したワールドカップとして伝えるとわかると常に言った。

そのため、道路と空港のような輸送インフラと同様に、新しい競技場を建てて古いものを一新することでも数十億ドルを投資している。

南アメリカで、ワールドカップが1950年にブラジルで開催され、1978年にアルゼンチンがトーナメントを開催し、2014年のワールドカップは南アメリカで最新の試合になる。

そんな大切な大会に、ブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロとFIFAの事務局長ジェローム・バルケが口げんか!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト