on-the-time.jp

2012年01月14日

北京の多国籍企業の本社数、世界2位。

新華社は2012年01月14日に、対外開放が続く北京が「企業本部」として世界2番目の規模を保持していることが14日開かれた第13期北京市人民代表大会(北京市第十三期人民代表大会/人代)第5回会議(第5次会议)で明らかになったと報告した。

北京市商務委員会によると、米国の雑誌「フォーチュン(Fortune)」の2011年度世界上位500社番付に入った企業のうち、41社(同期比11社増加)を擁する北京は、企業本部としての地位で世界2位を維持した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

もう、中国は後戻りはできない!
開放を続ける以外に道はなくなった。

2011年に北京で許可された多国籍会社の地域総本部の新設は30件で、累計は112社に達した。
その中で、世界上位500社に番付入りする企業が74社ある。
投資会社は15社が新設され、合計198社に達した。
研究開発所を新設した外資系法人企業は28社で、合計は401社に達した。

また2011年1月~11月は、北京で国際展覧会が156回開催された。国際会議協会(ICCA)が発表した2011年度国際会議主催都市番付で、北京は国際会議が98回で、開催規模をもって国内都市でトップだった。

北京の輸出入も大幅増で、2011年1月~11月の北京の輸出入額は前年同期比30.6%増のUS$3531億2000万と、過去最高を記録した。
それは全国の10.7%を占め、全国4位のシェアだった。
企業による人民元建て決算規模は11月末時点で、,5061億9000万元を超えて、中国トップだった。

2011年1月~11月の北京の出入国数は9.6%増の1724万9000人で、首都空港の航空貨物取扱量は7245万5000人と、世界2位となった。

何もかもが、もの凄いの一言である。

もう先しか見てはいけないし、選択幅も狭まっている。
共産資本主義が向かうべき方向は、わがままを消し去ることである。

中国が、無茶をすると、世界中が困る。

中国は中国であって、同時にもう中国ではなくなった。
それが国際都市の宿命である。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告