2012年01月13日

北朝鮮の国営新聞英語版オンラインで公開!

paidcontent.orgは、北朝鮮の国営新聞「Rodong Singmun」の英語版がWebで公開されたと報告した。

トップ記事は、建設現場を視察する金正恩(Kim Jong Un/キム・ジョング-ウン)の写真が大きく掲載され、日本の記事も「Japan's 'Three Principles of Arms Export'No More Than Scrap of Paper.(日本の「武器輸出の3つの法則)わずか、紙のスクラップ」と言う記事が紹介されている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

もっとも不思議な記事は、金正日(Kim Jong Il/キム・ジョンイル)の死を動物さえ悲嘆したといい、 
鳥は、金正日が以前立っていた場所から数mのところで、「死において堅くなった。」
多数のカササギは、悲しみのあまり泣きながら、金正の彫像を囲んだ。
また、熊は冬眠から出現した。

その時に、母熊と2頭の子熊が道路に現われて、悲痛なやり方で叫んだ。

熊は冬に深い森林および穴で睡眠している。
しかし、熊が昼間道路に現われ、金正日の方を向いて、長い間ほえた。
それは実際に不可解だったと報告している。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。