2012年01月13日

蜘蛛の糸(spider silk)で織られた布の魅力!

BBC Newsは、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(Victoria and Albert Museum in London)で、クモから抽出された糸(spider silk/スパイダー・シルク)で作成された世界最大の布が展示されたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

克明な刺繍の岬と4mの長いスカーフは、100万匹を超えるクモの糸で織られている。

今年に入って、蚕の絹ではなく、蜘蛛の糸(spider silk)がやたらに話題になり、注目を集めている。

蚕の絹は弱いが、蜘蛛の糸(spider silk)は鋼鉄より強いと言われている。

恐らく、世界最高の絹織物だろう。
多分、金で織ったより高い!

ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(Victoria and Albert Museum in London)のGoogle Earthポインター情報
51°29'46.05"N,0°10'19.01"W
または、
51.496125, -0.171947

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト