2011年12月18日

すでにFoxconnは、ブラジルでIPhonesを製造し始めている。

cellular-newsは、アップルの販売支援の不足により、完成品は倉庫に入れられているが、Foxconnの新しいブラジルの工場は既にアップルのためにiPhone送受話器を生産していると報告した。

ローカル新聞「O Globo」によると、生産は1日当たり1,600ユニットで、約800人のスタッフが2交代制で11月に始まった。

工場では、来年少なくとももう3,000人のスタッフを募集すると予想されている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

生産は進んでいるが、アップルは、予想売上高を支援するために地域の顧客支援サービスの必要な量で、現在欠いている。

一旦アップルが適所にそれ自身のインフラストラクチャーを置いたなら、出荷は来年早々スタートすると予想されている。

ジュンディアイ(Jundiai)にある工場で、以前に約束された免税を安全にする問題により遅れているiPadタブレットの組み立て、非常に予告された計画と共に、現在はiPhone 4を単に組み立てている。

ジュンディアイ(Jundiai)にあるFoxconn Cmmsg Indústria de EletrônicosのGoogle Earthポインター情報
23°10'39.18"S,46°53'36.13"W

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。