gaYa広告

2011年12月18日

チェコの劇作家で無血革命のバツラフ・ハベルが死去した。

ロイターは、チェコの劇作家で、ビロード革命(Velvet Revolution)と言われたチェコスロバキアの無血革命を指揮した後に、チェコの大統領になって、平和と自由の世界的なシンボルになった、反共産主義の脚本家バツラフ・ハベル(Vaclav Havel/1936 - 2011)が75歳で、死去したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

バツラフ・ハベルは、元チェーン・スモーカーとしても有名で、肺癌の残存する手術の後、長い呼吸器疾患で、1990年代末期から10年間以上苦しんで、プラハの北Hradečekの別荘で死去した。

バツラフ・ハベルは、ローリング・ストーンズ(Rolling Stones)を中世のプラハ城に招待し、サクソフォンを演奏するためにビル・クリントン(Bill Clinton)を煙いプラハ・ジャズ・クラブへ連れて行き、ダライ・ラマ(Dalai Lama)の友人でもあった。

バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)は、「彼の平和な抵抗は、帝国の根底を揺るがし、抑圧的なイデオロギーの空虚を露出し、モラル・リーダーシップがどの武器より強力であることを証明しました。」
「彼は、世界のすべての地域の人々に自決および尊厳のために達するべき、それらの自由およびすばらしい世代を得させたビロード革命に発展性のある役割を果たしました。」
と言う声明を発表した。

また、彼は、共産党政府が人権用国際基準を厳守することを要求するマニフェスト憲章77(Charter 77)を始めた後に刑務所に3回投げ込まれた。

スウェーデンの外務大臣カール・ビルト(Swedish Foreign Minister Carl Bildt)はTwitterで、
「Vaclav Havel was one of the greatest Europeans of our age. His voice for freedom paved way for a Europe whole and free.(バツラフ・ハベルは同世代で最も偉大なヨーロッパ人のうちの1人でした。自由のための彼の声は、ヨーロッパ全体へ、自由に道を開きました。)」と言っている。
「1986年のバツラフ・ハベルのエラスムス・プライス・スピーチを再読する価値があります。彼は本当に真実のヨーロッパ人でした。(Well worth rereading Vaclav Havel's 1986 Erasmus Price speech. He was truly a true European.)」

HradečekのGoogle Earthポインター情報
49° 8'34.38"N,15°10'12.94"E
または、
49.142883, 15.170261

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。