gaYa広告

2011年11月19日

コロンビアの反逆者ラジオ放送局、軍によってショット・ダウン!

BBC Newsは、コロンビア軍が15年間放送されてき国家反逆者集団Farcが運営してきたたコロンビアFarc反逆者ラジオ放送局(Colombia Farc rebel radio station)をシャット・ダウンしたと言ったと報告した。

コロンビア軍がメータ地域(Meta region)のゲリラ・キャンプを侵略した時、軍隊は発信機および他の放送機器を捕らえた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

レジスタンスの反逆者ラジオ放送局音声は、東部・中央のコロンビアの大きなエリアを横断的にFarcの革命的なメッセージを放送していた。

軍隊は昨年、その放送を破壊した。
しかし、革新派の反逆者は放送局を取り戻した。

軍隊は、約60の手製爆弾によって保護された反逆者基地で、秘密の放送局を見つけた、と軍が言った。

確保そた設備はマイクロホン、コンピュータ、アンプ、ミキシング・コンソールおよびジェネレーターを含んでいた。

コロンビア軍は声明で、「このキャスターが反政府運動家の毎日の仕事用として重要なツールだったので、これはFarcテロリスト集団に対する強力な打撃です。」と言っている。
さらに、「それは10年間以上、、強い批判を放送すると同様にFarcメンバーの政治的な教化で基本を設立した状態だった。」と付け加えました。

Farcリーダー、アフォンソ・カノ(Alfonso Cano)が治安部隊によって殺された2週間後、ラジオ局を捕獲した。

しかし、Farcはコカインで得た巨額の軍資金があり、再構築してくることだろう。
破壊されるたびに、最新器機になることだろう。

アフォンソ・カノは、別名Timochenkoとして知られていたロドリーゴ・ロンドーニョ(Rodrigo Londono)の後任になった。

The Farc (Revolutionary Armed Forces of Colombia)は、1960年代以来マルクス主義者革命を課するコロンビアで最も古く、最大の反乱軍だった。

過去10年間以上、何千人もの戦士およびトップ指揮者のうちの数人を失って、一連の後退を喫していた。

しかし、彼らは、部分的にコカイン生産から売買によって獲得された金銭で、コロンビアの田舎で大きなエリアのパワーを維持してきた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告