2011年11月19日

ローマ法王が、ブードゥー教の本拠地を訪問する!

宗教

BBC Newsは2011年11月18日に、ローマ法王ベネディクトXVI(Pope Benedict XVI)が世界で最もカトリックが急成長して、アフリカで2番目に教徒が多いブードゥー(voodoo)教の本拠地ベナン(Benin)を 訪れると報告した。

何万もの人々がローマ法王を歓迎すると予想されている。

ベナンは急速にカトリック教徒の数が上昇しているが、しかし大多数の人はカリブ海の奴隷によって得られたブードゥー教を信じている。

ここから、多くの奴隷が運び出された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

さらに、ローマ法王は、ここでコンドームに関するコメントに直面すると予測されている。

2009年のアフリカ訪問では、HIVの伝染を悪化させること防ぐために、コンドームを渡す援助が最悪に打たれ、援助活動家の間で憤慨を招いた。

ローマ法王ベネディクトXVIは2011年11月19日土曜日にブードゥー教博物館(voodoo museum)があるウィダ(Ouidah)を訪れる予定になっている。

人口の40%は従来からのアフリカの宗教を信じているベナンで、ブードゥー教の日(Voodoo Day)は、公休日として祝われている。

その他、約27%はクリスチャンで、22%がイスラム教徒と言われている。

しかし、BBCのVirgile Ahissouは大都市コトヌー(Cotonou)から、キリスト教かイスラムのいずれかを備えたこれらの人々は、複数の宗教を受け入れた結合ブードゥー教が多いと言っている。

しかし、地元住民は、西部の宗教が魔法または黒魔術をするが、今はブードゥー教のそれらも持っていないと言っている。

カトリックの宣教師は、150年前に初めてウィダ(Ouidah)に着き、都市は、西アフリカで最大のカトリックの神学校を誇っている。

ローマ法王に合うため、近隣の国々から約10,000人の巡礼者がやって来ると予想されている。

ウィダ(Ouidah)のGoogle Earthポインター情報
6°22'0.31"N,2° 4'60.00"E
または、
6.366753, 2.083333

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。