gaYa広告

2011年11月15日

ディズニーのCEO、アップルの委員会に加わった。

MacObserverは2011年11月15日に、ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)が、アップルの重役会で著しい変更が2つアップルから2011年11月15日火曜日に発表されたと報告した。

まず最初は、ディズニーのCEOボブ・イガール(Bob Iger)が委員会(board of directors)に加わったということであった。
2番目は、長年の取締役アーサー・レビンソン(Arthur Levinson)が非総裁(non-executive Chairman)に指名されたということであった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

非総裁(non-executive Chairman)とは、会社の役員を務めない会社の会長に与えられた役職で、代表権のないチェアーマンということかもしれない。

つまり、アーサー・レビンソンは、役員としてアップルのためには働らかないことになった。
しかし、アーサー・レビンソンは、バイオ技術会社ジェネンテック(Genentech)の会長で、アップルの重役会の最長の貢献したメンバーである。

ウォルター・イサクソンのスティーブ・ジョブスの伝記(Walter Isaacson's Steve Jobs biography)によれば、彼は、スティーブ・ジョブスの確信しているもの、および他のアップルの取締役およびシリコン・バレー自体の両方から尊敬されていた。

アップルCEOティム・クック(Tim Cook)は声明で、
「2000年に委員会に加わって以来、芸術[レビンソン]は、アップルへの巨大な貢献をしました。」
「彼は私たちの最長の貢献した共同管理者でした。また、洞察とリーダーシップはアップル、私たちの従業員および私たちの株主にとって信じられないほどに貴重です。」と言っている。

ディズニーのボブ・イガールは、マイケル・アイズナー(Michael Eisner)が娯楽会社から排除された2005年に、ディズニーの最高経営責任者になった。

そう言えば、マイケル・アイズナーが書いた本の中に、スティーブ・ジョブスの名前は不思議なほど一度も出てこなかった。

ボブ・イガールが最高経営責任者になってから、ピクサーとディズニーの間がスムーズになり、より重要なことには、アップル・ウォッチャーに、喜んでアップルおよびそのiTunes店と仕事をするテレビおよび映画役員であると分かったことであった。

2006年にディズニーにピクサーに売る取り引きを協定した後、スティーブ・ジョブスはディズニーの5%の所有者になった。
また、彼はディズニーの重役会としても貢献した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告