on-the-time.jp

2011年11月15日

V-22回転翼航空機のシミュレーション画像。

NASAは、ヘリコプターと回転翼航空機は空港と走路を必要としないことから、多くの有用な市民・軍事の機能を提供している。

しかし、正確に車両性能と雑音発生を予言することは非常に挑戦的で、回転翼と回転翼渦の間の相互作用を理解するために、より正確な技術的アプローチに要求している。

そこでNASAの音速以下の回転翼プロジェクト(Subsonic Rotary Wing Project)を支援する科学者は、より正確にこれらのフィールド流(flowfields)を予知する最先端技術のシミュレーション・ツールを開発していると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

これらのツールに使用することで、軸車に対する新しい洞察力を提供し、それで起きること、また回転翼航空機パフォーマンスを改善するのを支援する。

このV-22回転翼航空機のスナップ写真は、その中で、マゼンタが高い渦巻き運動(回転)で、青が低い場合の葉渦および乱流の横切りを見せている。

NASA高度なスーパーコンピューティング(NASA Advanced Supercomputing)設備のプレイアデス・スーパー・コンピューター(Pleiades supercomputer)は、科学者が回転翼航空力学の予測精度(prediction accuracy of rotor blade aerodynamics)を非常に改善することを可能にした。

これらのツールは、エンジニアがより大きな能力を備えた、より速く、より静かな回転翼航空機の開発を可能にする。

Image Credit: NASA/Ames Research Center/Neal Chaderjian and Tim Sandstrom

ただし、BBC Newsは2011年09月30日に、米国の連邦捜査官(US federal agents)は、航空機製造会社ボーイング(aircraft manufacturer Boeing)へのプラントへの麻薬捜査で37人を逮捕した。

拘留されたもののうちの1つ以外はあすべてはフィラデルフィアの近くのアメリカ軍のための航空機を生産する設備で、現在および元社員である。

ボーイング・プラントは、アフガニスタンで使用されるチヌーク・ヘリコプター(Chinook helicopters)およびミサゴ飛行機(Osprey planes)を作っている。

つまり、ハイテク技術とヒューマン・エラーの戦いに勝たなければ、本当に良いものはできない。

ペンシルバニア州リドリー公園(Ridley Park, Pennsylvania)にある航空機製造会社ボーイング(aircraft manufacturer Boeing)のGoogle Earthポインター情報
39°51'59.21"N,75°19'24.36"W
または、
39.866447, -75.323433

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告