2011年11月15日

木星の月イオのモンタージュ。

NASAは、2007年の初めに宇宙船のJupiterが接近飛行で得た画像から、新しい地平線画像から木星とその火山の月イオを示したモンタージュ画像を作ったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

木星の画像は、宇宙船の近赤外線画像スペクトロメータの「Linear Etalon Imaging Spectral Array(帯域アレイ画像化線形エタロン)」によって得られた赤外線カラー合成である。

赤外線波長は、上層雲ともやを表示する青、およびより深い雲を示す赤と共に、木星の雲頂の高度におけるハイライト変化を使用した。

顕著な青みを帯びた白色楕円斑は大赤斑である。

その観察は75度の太陽の位相角でなされたが、走査中にジュピターの回転によって引き起こされたひずみを削除するために三日月に投影された。

イオの画像は、1つのほぼトゥルー・カラー合成、パンクロによって多スペクトル感応性の可視画像カメラによって提供される色情報を持った長距離の偵察イメージを作り上げた。

この画像では、北火山Tvashtarで、イオの夜側の進行中に大噴火を示した。

白熱の溶岩は火山の羽毛の下に赤く光っている。
その最上部の部分は日光によって照らされている。

噴火の噴煙はその内の小さな粒子によって光の散乱により、青く見える。

このモンタージュは、もともと科学雑誌の問題のカバーとして、2007年10月12日に登場した。

Image Credit: NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute/Goddard Space Flight Center

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト