2011年11月15日

「悪魔の詩」のサルマン・ラシュディは、Facebookとの戦いで勝利!

BBC Newsは、著者サルマン・ラシュディ(Salman Rushdie/1947 - )は、ソーシャル・ネットワーク上の彼のプロフィール・ページ上で彼自身呼ぶべき名前で起こったFacebookとの戦いに勝ったと言ったと報告した。

彼がミドルネームの「Salman」を使用することを認められるように依頼した後、サルマン・ラシュディのFacebookとの論争は始まった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

しかし、厳しい本名政策を持っているFacebookは小説家の名として、アフマッド(Ahmed)を主張した。

サルマン・ラシュディが、Twitterでぴいぴいとさえずり始めた後、Facebookが「締まった」と言った。

Twitter上のSalmanRushdieとして知られているイギリスに住むインド人作家は、
「Victory! #Facebook has buckled! I'm Salman Rushdie again. I feel SO much better. An identity crisis at my age is no fun. Thank you Twitter!(勝利!るFacebookは締まった。私は再びサルマン・ラシュディです。私はSOをはるかによく思います。私の年齢のアイデンティティーの危機はおもしろくありません。Twitterを感謝!)」
と書いてきた。

さらに、「Just received an apology from The #Facebook Team. All is sweetness and light.(#Facebookチームから謝罪をちょうど受け取りました。すべては優美と明知です。)」と追加した。

64歳のサルマン・ラシュディは、一連のツイーツ中で、Facebookと交えたけんかに関して伝えた。

FacebookとTwitterの両方があって良かった!

しかし、この事件はFacebookが、イランのホメイニが死刑を宣告(Rushdie''s execution)した小説「悪魔の詩(The Satanic Verses)」の著者であることを知らなかったことから始まったのだろう。

知っていたら、喧嘩は---

以前、YouTubeでも似たことがあった。

勉強もしないで、管理しようなどと考えるから、馬鹿な行動を取る!

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。