on-the-time.jp

2011年11月15日

FacebookのライバルDiasporaの創設者22歳で死亡!

BBC Newsは、Facebookのライバルとして、プライバシーを理解したといことで、大きな話題になったソーシャル・ネットワーク「Diaspora」の創設者4人の中の一人イリア・ジトマルスキ(Ilya Zhitomirskiy)が22歳の若さで死んだと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

イリア・ジトマルスキの死因は明らかになっていない。
サンフランシスコの検死官事務所は、死因を特定するのに数週間期間が必要だろうと言っている。

「Diaspora」では、イリア・ジトマルスキの隣に大きなタンポポがあることで知られていた。

公の告別式は今週末にサンフランシスコで計画されている。

「Diaspora」は、1年前にニューヨーク大学(New York University)でイリア・ジトマルスキおよび3人の学友によって始められた。

Facebookの共同創立者マーク・ズッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は、彼がプロジェクトで明かされていないところで寄贈していたと言った。

「Diaspora」は、Facebookに似ていたが、より単純なプライバシー・セッティングを特色としていた。

しかし、その着手には批判なしでは置かなかった。

初めてリリースした時、9月にコード化する、開発者は多数のセキュリティ・バグを見つけた。

何人かは、さらにチームがそれらのビジョンを実現できるかどうか疑問視した。

Facebookに挑戦することを目標とするいくつかのサイト「Appleseed」「OneSocialWeb」「Elgg」の一つで、このようなサイトはストレスが溜まる。

急性麻薬中毒死ではないことを祈る!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告