on-the-time.jp

2011年11月15日

ドイツは0.5%、フランスは0.4%、第3四半期に成長!

BBC Newsは、久々にヨーロッパで公式データによれば、ドイツ・フランスの経済は、第3四半期に成長を記録したと報告した。

ドイツの国内総生産(GDP)は四半期に0.5%ずつ増加した。
また、4月〜6月の期間の成長も0.1%から0.3%まで改訂された。

年間成長率は第2四半期の3%のレートから下降して、2.5%であった。

フランスでは、経済は0.4%で、第2四半期数字はGDPが0.1%下がったことを示すために下方修正されたが、期待されたよりよく成長した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

フランスの統計研究所は、増加した家庭支出が第3四半期の上昇の背後にあり、その一方でドイツの統計局が、内需がその成長の主な理由であると言った、と報告した。

オブザーバーは、ドイツの経済が今後数か月に急激に収縮することを期待している。

月曜日に、OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development/経済協力開発機構)は、ドイツのGDPが2011年のこの前の四半期に1.4%縮小するだろうと推測した。

先週、「賢人(wise men)」として知られているドイツの経済アドバイザーのパネルは、今年3%の成長を予期したが、ちょうど1%の中で最新の政府見通し以下に、彼らが来年0.9%の成長を予期していたと言った。

金融市場に出て、フランス・ドイツの契約中の利率間の違いは火曜日にレコードに達した。

ドイツ・フランスの10年の契約の利回り(あるいは利率)の間のギャップは、1.726%ポイントに広がった。

ドイツの契約が1.775%落ちている間、フランスの契約の利回りは3.5%まで上昇しました。

それは、もし国々が新発債を出す時それらのレートが有効ならば、お金を借りるためにフランスがドイツのおよそ2倍払うということを示唆した。

ヨーロッパもそろそろ、長いトンネルの先に光が欲しい!

チャンスを逃すな!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告