gaYa広告

2011年11月15日

オーストリアは病院墓地からナチ時代遺体を発掘。

BBC Newsは、オーストリアのチロル州職員が、彼らがナチ時代墓地から、200を超える骨の発掘を完了したと言ったと報告した。

この場所は、使われていない病院墓地で、今年の初めに発見された。

研究者は、身体が精神か身体障害のためにナチ党によって殺された人々だったかもしれないと考えられると言ってる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

春に雪が溶けた後、発掘始まって、それ以来、220以上の身体が掘り出された。

科学者は、骨格の多くがナチ時代にさかのぼり、見たところでは、病院スタッフによって与えられた傷があったと言っている。

第二次世界大戦中にナチ党は、彼らが生きることが不適当であると思った何千もの障害を殺害した。

しかし、研究者は、見つかった遺骨の死因を確認する前により多くの仕事が必要であると言っている。

身体はすべて今識別された。

それらの年齢は14歳〜90歳まである。
病院と関係があった子孫およびそれらと連絡をとる試みがなされている。

その調査は2013年まで継続すると予想されている。

シュロス・ハルトハイム(Schloss Hartheim)のGoogle Earthポインター情報
48°16'48.05"N,14° 6'50.95"E
または、
48.280014, 14.114153

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト