2011年11月15日

世界のリサイクル!

The Atlanticは2011年11月09日に、毎年11月15日は、全国リサイクルする連合(National Recycling Coalition)によって1997年に始められた例年行事である「リサイクルの日(America Recycles Day)」である。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

当時は、原料を再使用し再利用する必要は、現在ほど緊急ではなかった。

人類は世界で70億人に達した。

また、アメリカは地球資源の不釣り合いなシェアの消費に責任を負っている。

世界の多くの地域では、再利用は必要によって行われている。

他のものでは、芸術家、政府およびビジネスは、材料を再使用する創造的で有用な方法を見つけた。
ペットボトルは、それ自体が美術品で、暖かい毛布あるいは燃料油のように再起すると感じるかもしれない。

そこで、The Atlanticは世界中で行われている小さく、異様な、規模において産業として動いているさまざまなリサイクルを33枚の写真で紹介した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。