on-the-time.jp

2011年11月03日

NASAが南極氷河の中で、大きな割れ目を発見!

FOX Newsは、進行中のNASA航空機ミッションで氷山分析で詳細な大気中測定を提供して、大きく出現する割れ目は南極大陸の氷河のうちの1つの中で発見されたと報告した。

地球の極氷で空から観測する最大の航空探査NASAのオペレーション・アイスブリッジ(Operation Ice Bridge)は、チリのプンタアレナス(Punta Arenas, Chile)からの3回目のフィールド・キャンペーンの真っ最中である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

6年のミッションは、北極・南極の氷床、氷棚および海氷についての先例がない三次元の視点を検出する。

南極の氷河およびグリーンランドの氷床で、一般に、それらが海に中へ流れ込む主な氷河流から氷山が誕生するプロセスは話題を呼んた。

大きな割れ目はパイン島氷河(Pine Island Glacier)で発見された。
そこは最後に、2001年に重要な氷山を生んだ。

何人かの科学者は、そこで再び、大きな氷山を生む準備ができていると推測した。

しかし、10月14日のアイスブリッジ・ライトまで、誰も、分裂し始める氷棚のどんな証拠も見ていなかった。

その時以来、もっと詳細な外観は、衛星画像で10月前半に割れ目の最初のサインを示したようにに見えた。

パイン島氷河(Pine Island Glacier)のGoogle Earthポインター情報
75°10'0.00"S,100° 0'0.00"W

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。