2011年11月03日

フェルミは最も若いミリ秒パルサーを発見!

NASAは、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡(Fermi Gamma-ray Space Telescope)を使用する科学者の国際的なチームは、これらの物体がどのようにして発生するか、既存の推測に挑戦する驚くほど強力なミリ秒パルサー(surprisingly powerful millisecond pulsar)を発見したと報告した。

同時に、別のチームは改善された分析技術を使用して、フェルミ・データで9つの新しいガンマ線パルサーの場所を特定した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

パルサーは、周期的な間隔で電磁エネルギーを放射する一種の中性子星である。

中性子星は天文学者が直接観察することができるブラックホールに最も近いものである。

都市に比べて少しも大きくない球が、球体より50万回大きく砕け、押しつぶす。
この問題は非常に圧縮されるので、小さじ1杯でさえエベレスト山と同じくらいの量になる。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California Santa Cruz)のサンタクルーズ研究室粒子物理学研究所の天文物理学者(astrophysicist at the Santa Cruz Institute for Particle Physics)で、発見物の詳述した2つの論文の共同執筆者パブロ・サズ・パーキンソン(Pablo Saz Parkinson)は、
「フェルミの2008年の打ち上げられる前に、7つだけがガンマ線を放射すると知られていたパルサーが、この新しいバッチで、フェルミが今、100以上を検知したことは、刺激的なマイルストーンである。」と言っている。

その中でパルサーの1つのグループは、極端な回転と信じられない密度を組み合わせている。

これらのいわゆるミリ秒パルサーの中で最も速いものは43,000毎分回転数で回転している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。