2011年10月13日

ニューヨークタイムズの人員整理計画は、「リバランシング(rebalancing)」。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は自ら、「New York Times plans staff reductions(ニューヨークタイムズの人員整理計画)」を公開し、落ち込む広告収入の真っ直中で2011年10月13日木曜日に、20までのニュースルーム位置を除去し、事業単位中の追加の貯蓄を求めることを計画すると報告した。

ニューヨーク・タイムズ社(New York Times Company)によって「リバランシング(rebalancing)」と評された縮小は、木曜の朝に従業員に発表された。

実は、すべてに疲れた人が求められているのが、「リバランシング(rebalancing)」である。
つまり、バランスが崩れているので、その調整が必要になっている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

新聞の編集責任者ジル・エーブラムソン(Jill Abramson)はニュースルーム従業員が解雇されないだろうと付け加えて、タイムズ・ニュースルーム中でボランティアを捜す、とスタッフにメモの中で言った。

彼女は、「20未満」の買い占めがあるだろうと言った。

空で、さらに限られた数の買い占めの提供によって、縮小の詳細か規模に関して公にコメントしていなかったので、匿名を主張した幹部が言った位置の除去により、ビジネス側のコストを削減しようと努力することが明らかになった。

アナリストはカットをタイムズ会社の第3・四半期所得にリンクすると言い、それは10月20日に報告され、それは比較的弱いと予想されている。

木曜の人員整理に関する発表は、2009年にニュースルームの1,250の仕事と、約100は買い占めと一時解雇のコンビネーションによって除去されて以来、最初の重要な出来事になった。

その時以来、ニュースルームは主としてWeb報告および生産のために、いくつかの仕事を加えた。

しかし、ニューヨークタイムズの有料化、無料化で揺れ、統合化でも揺れ続けている。
さらに電子新聞でも揺れている。

多くの電子新聞を読んでいると、ニューヨークタイムズが最も理屈っぽく、読む気が失せる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。