gaYa広告

2011年10月13日

Financial Timesの「FT Tilt」がショット・ダウン!

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、MediaMonkeyでロンドンの南岸にあるFTタワーから、フラグ・シップ(戦艦旗)として始まったオンライン新興市場サービス・ニュース「FT Tilt」が9か月後にシャット・ダウンすると言うニュースに当惑させられたと報告した。

その理由として考えられたことは、予約販売の衰退。Web新聞雑誌コンテンツをお金に換えることの困難さがもう一度明らかになったと言うことかもしれないと言っている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

有名ななAlphaville市場ブログの創立者ポール・マーフィー(Paul Murphy)の頭脳による産物であり、「FT Tilt」は中国、ブラジルおよび他の新興市場で成長している財力を適切に反映した新鮮なニュース・アジェンダに続くと約束して、1月にファンファーレとともに明らかにされた。

この「FT Tilt」に、約10人の仕事が今かかっていると言われている。

あるシティ・ファンド・マネージャが、
「私たちはそれを見ました。それは非常に革新的であるが、一人あたり£1,000と異常な高値を付けられた。」と言っている。

加えて、情報サービス上の螺旋状になるコスト上で、銀行と運用委託先は、型押しをしようとしていた。

新聞に革新は不可能なのか?
以前、日本の新聞でも多くの革新的な行動を発表したが、そのほとんどすべてが経済的理由で沈没していった。

それではあまりにも新聞が惨めで、将来性が感じられない。
何が、問題なのかというテーマより、何がしたいという願望が先行した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。