on-the-time.jp

2011年10月13日

ウォール・ストリート・ジャーナル発行部数調査。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、新聞発行部数調査組織である発行部数監査会(The Audit Bureau of Circulations)が、人為的にその売上高を押し上げたという主張の中で、ルパート・マードック(Rupert Murdoch)の最も重要なWSJヨーロッパ(Wall Street Journal Europe/ウォール・ストリート・ジャーナル・ヨーロッパ)の調査を始める準備ができていると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

発行部数監査会は、正確に、証拠を受け取った時に詳述し続けなかったが、「新しい証拠」に基づいて見切値段で学生に大量のコピーを売った販売計画を再度見ることを「最近」決定したと言った。

オランダの会社と商業協定の一部として、2つの記事を公表することに不適当で彼が合意したとジャーナルが言った後、マードックの最も上級のヨーロッパの役員のうちの1人アンドリュー・ラングホフ(Andrew Langhoff)は2011年10月11日火曜日に辞職した。

ガーディアンは水曜日に、、オランダの会社が人為的に新聞の売上高を押し上げることを目指したスキームに関係していると報告した。

そのスキームは、WSJEの貸出部によって結ばれた契約、および実行を学習するパートナーシップと呼ばれるオランダのコンサルティング会社を含んでいた。

それは2009年5月から2011年4月まで実施し、論文、および会社を促進する記事を公表する協定で、後援を含んでいた。

実行の学習パートナーシップおよび他の会社によって、WSJヨーロッパは、その監査された循環を押し上げて、安値で有効な秘密をそれ自身の新聞を何千も買っていた。

合計でウォール・ストリート・ジャーナル・ヨーロッパは、75,000の監査された循環の41%は、この方法で来ていたと報告している。

つまり、ウォール・ストリート・ジャーナル・ヨーロッパは、噂ほど売れていなかった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。