on-the-time.jp

2011年10月13日

シュトラウス-カーンの性犯罪告訴に関する尋問を中断!

性とメディア

BBC Newsは、前IMFチーフであるドミニーク・シュトラウス-カーン(Dominique Strauss-Kahn)に対する強姦未遂の起訴についてのフランスの尋問が中断されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

フランスの検察当局は、より短い出訴期限法と共に、証拠が性的暴力を示唆したと言い、レイプを試みたより重大でない罪であるかもしれないと言っている。

作家トリスタン・バノン(Tristane Banon)は2003年の強姦未遂で、ドミニーク・シュトラウス-カーンを告訴した。

シュトラウス-カーンはニューヨークでレイプで告訴され、彼女の告発は出現した。

しかし、ニューヨークの事件の訴訟はその後取り下げられた。

フランスの検察官は声明で、「十分な証明がないために、遂行が強姦未遂の訴因に関して始められないかもしれないことは明らかです。しかし、性的暴力と評することができた事実はその間に認識されました。」

フランスの法律の下では、強姦未遂の出訴期限法は10年だが、性的暴力は3年である。

作家トリスタン・バノンの弁護士デービッド・クビー(David Koubbi)は、この決定を勝利と評した。
「シュトラウス-カーンは、正当な疑いではなく、刑事訴追を回避することを認めて、出訴期限法によって保護され、有罪と判決されていない性別攻撃者であることに満足でなければならないでしょう。」と言っている。

この判決は、「不平を言った事実はシュトラウス-カーンのクレームに反して想像上ではなかった。」ことを実証した、と彼が付け加えた。

シュトラウス-カーンの弁護士は、クライアントの決定手段が「完全に澄んだ」と言った。

トリスタン・バノンはまだ、シュトラウス-カーンに対する民事訴訟を起こしてもよいことを示した。
2011年05月13日から始まった事件は、6カ月後に恐ろしくあいまいなまま終わることになった。

結果としてシュトラウス-カーンは、フランスの大統領選立候補をあきらめ、MFチーフを辞任し、

てシュトラウス-カーンが世界銀行と共に先導していた発展途上国のモバイル・マネー計画は、遅れることになった。

今のところ、誰も犯罪者にはならなかった。

一体全体、この事件は、何だったのでしょう????

目的は、シュトラウス-カーン抹殺?
発展途上国のモバイル・マネー計画への攻撃???

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。