on-the-time.jp

2011年10月13日

シュトラウス-カーンの性犯罪告訴に関する尋問を中断!

性とメディア

BBC Newsは、前IMFチーフであるドミニーク・シュトラウス-カーン(Dominique Strauss-Kahn)に対する強姦未遂の起訴についてのフランスの尋問が中断されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フランスの検察当局は、より短い出訴期限法と共に、証拠が性的暴力を示唆したと言い、レイプを試みたより重大でない罪であるかもしれないと言っている。

作家トリスタン・バノン(Tristane Banon)は2003年の強姦未遂で、ドミニーク・シュトラウス-カーンを告訴した。

シュトラウス-カーンはニューヨークでレイプで告訴され、彼女の告発は出現した。

しかし、ニューヨークの事件の訴訟はその後取り下げられた。

フランスの検察官は声明で、「十分な証明がないために、遂行が強姦未遂の訴因に関して始められないかもしれないことは明らかです。しかし、性的暴力と評することができた事実はその間に認識されました。」

フランスの法律の下では、強姦未遂の出訴期限法は10年だが、性的暴力は3年である。

作家トリスタン・バノンの弁護士デービッド・クビー(David Koubbi)は、この決定を勝利と評した。
「シュトラウス-カーンは、正当な疑いではなく、刑事訴追を回避することを認めて、出訴期限法によって保護され、有罪と判決されていない性別攻撃者であることに満足でなければならないでしょう。」と言っている。

この判決は、「不平を言った事実はシュトラウス-カーンのクレームに反して想像上ではなかった。」ことを実証した、と彼が付け加えた。

シュトラウス-カーンの弁護士は、クライアントの決定手段が「完全に澄んだ」と言った。

トリスタン・バノンはまだ、シュトラウス-カーンに対する民事訴訟を起こしてもよいことを示した。
2011年05月13日から始まった事件は、6カ月後に恐ろしくあいまいなまま終わることになった。

結果としてシュトラウス-カーンは、フランスの大統領選立候補をあきらめ、MFチーフを辞任し、

てシュトラウス-カーンが世界銀行と共に先導していた発展途上国のモバイル・マネー計画は、遅れることになった。

今のところ、誰も犯罪者にはならなかった。

一体全体、この事件は、何だったのでしょう????

目的は、シュトラウス-カーン抹殺?
発展途上国のモバイル・マネー計画への攻撃???

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。