2011年10月13日

東京の住宅街で見つかった放射能のホットスポットは、福島に無関係。

美容と医学の科学

BBC Newsは、東京のど真ん中で測定された3.35マイクロシーベルトの高濃度を記録した放射能は、崩壊した福島原子力発電所にほとんど関係なかったと職員が言ったと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

東京の住宅街東京都世田谷区弦巻5丁目の舗道という狭い地域で読み取られた3.35マイクロシーベルトの高濃度を記録したデータは、原子力発電所からの放射能の影響として、恐怖を誘った。

しかし、文部科学大臣は、その家の地下室に格納された資料まで放射線が辿られたと言ったと報告している。

また地元住民には、この放射線が健康に対する脅威でないと伝えられた。

このホット・スポットは、舗道から約1mの高さで検知され、放射能レベルをモニターしていた世田谷住民が脅威として警告を出した。

検出された場所は、福島原子力発電所から200km以上離れていた。

したがって、この発見は、崩壊した福島原子力発電所からの以前に考えられた放射線より、さらに広がったという恐れと、より高いレベルに結びついた。
瓶の中の物質をラジウムと推定し。東京電力福島第1原発事故とは関係ないと断定した。

核行動委員会リポーター・メンバーの一人は、
「私は東京エリアの首都で至る所の放射能レベルを測定しています。しかし、私は、そのようなハイ・レベルの放射線を見たことがありませんでした。」と発見者は言っている。

核エキスパートがなぜそのような小さなエリアで影響されたかを確証しようとする間、警戒とチェックが実行されるとともに、そのエリアに非常線が張られた。

文部科学省の検査官が午後に住宅の敷地内を調査した結果、塀と住宅の間にある樹木の根元が毎時8.40マイクロシーベルト、家屋の壁は最大同18.6マイクロシーベルトまで達し、30マイクロシーベルト以上の放射線を発する木箱入りのビン4~5本を住宅の床下から発見した。

この放射能はラジウム226と言い、岩石や温泉などに含まれ、医療や理化学の研究に使用される。

この住宅に住んでいた男性は、10年ほど前に死去し、2011年2月まで妻が住んでいたが、現在は空き家になっていた。
妻の娘も、「なぜラジウムが置いてあったのかわからない」と言っているという。
今回見つかったラジウムの瓶には、「日本夜光」と書かれていた。
この「日本夜光」は、戦前・戦時中にあった塗料会社とみられ、時計の文字盤に塗られる蛍光塗料としても使われてきた。

しかし、そのおかげで空には何機もマスコミのヘリコプターが飛び交い、うるさくて仕方がなかった。

東京都世田谷区弦巻5丁目のGoogle Earthポインター情報
35°38'13.98"N,139°38'19.45"E
または、
35.637217, 139.638736

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト