2011年10月13日

人民元レート問題で、米中の対立激化。

新華社は、経済・貿易に詳しいアナリストは、「もし、米国議会が人民元為替問題に特化した法案を可決すれば、長年続いている米中貿易戦争の発生への懸念が現実となる。世界経済が混乱と衰退の状態に陥るだろう。」と話したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

米国上院は2011年10月11日、国内外の強い反発にもかかわらず、賛成63票、反対35票で対中為替制裁法案(為替相場監視改革法案/2011 currency exchange rate surveillance reform bill)を可決した。

同法案は「為替相場が過小評価されている場合」主な貿易相手国から懲罰的関税を徴収することが柱となる。
同法案の狙いは人民元為替の上昇ペースを加速させることが狙いで、今後、法律として成立するには下院で可決され、オバマ大統領が署名する必要がある。

中国国務院発展研究センター対外経済部の趙晋平副部長は、同法案が来年の米国大統領選に向けたアピールだと指摘した。
「法案が成立すれば、間違いなく米中貿易戦争(trade war)が発生する。」と警鐘を鳴らした。

互いに世界で2番目に大きな貿易パートナーである米中両国の貿易戦争が発生すれば、両国とって不都合なことであり、世界経済が混乱と衰退の状態に陥る恐れがある。

アナリストは「貿易戦争が発生すれば、両国で多くの輸出企業が倒産し、貿易に関わる数百の産業チェーンが大きな影響を受ける。米国では失業者が短期間に数十万人、さらに数百万人に達し、失業率は2けたに高まるだろう。一方の中国でも多くの出稼ぎ農民たちが故郷に戻り、消費需要は急激に縮小する」と語った。

世界への影響は、アジアとオーストラリアの移転輸出が大幅に落ち込み、南米とアフリカの鉱業採掘量が減少し、日本、欧州連合(EU)、北米のハイエンド製造業も大きな打撃を受ける。
さらに国際金融市場が急激に変動し、欧米債務危機も一層深刻化する。
各国が自国産業の発展を守るため、相次いで貿易保護策を発動することにもなる。

中国社会科学院米国所の倪峰副所長は「米中貿易戦争の影響は全世界に及ぶ」とし、「歴史が証明するように、経済大国間の貿易戦争は間違いなく深刻な影響をもたらす。米政府は法案を成立させるべきではない。」と語った。

それを酒巣には中国も行動が必要である。

そうでなければ、世界経済を完全崩壊し、再構築と言うことになる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。