2011年10月13日

ブータン王が、一般女性と結婚した。

BBC Newsは、ブータン王ジグメ・ケサール・ネガヤル・ワンチュク(Jigme Khesar Namgyel Wangchuck)はヒマラヤ山脈の国家の中にある僧院の要塞で盛大な結婚式を行い、一般女性と結婚したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

仏教徒儀式で、21歳の学生ジェツン・ペマ(Jetsun Pema)の頭上の王冠を置くために、31歳の王は彼の王座から降りた。

王として結合を祝うためにモンクが歌い、王は王座へ戻った。

また、ジェツン・ペマは新しい女王になった。

王ジグメ・ケサール・ネガヤル・ワンチュクは、約700,000人の国民から慕われ、王国で広く崇敬されている。

結婚式の祝賀は、国営テレビ上で生中継され、王の占星家によって幸運であると考えられた瞬間である現地時間0820(0220 GMT)に始まった。

結婚は、小さな王国で早くから予測されていた。

報告書によれば、ポスター、記念のプレートおよびバッジは生産され、ブータン中で広く利用可能であった。

16歳の1人の女子生ジュルメ・コーデン徒(Jurme Choden)は「行くところならどこでも、彼は彼女の手を握ります。今、若い人々はマネし始めています。」言い、AFP通信社によって引用された。

王および彼の父親で元君主であったジグメ・シンギエ・ワンチュク(Jigme Singye Wangchuk)が国を17世紀に身体をミイラにされた創立者を安置するブータンの首都(Thimpu)で僧院の神聖な部屋に入った後、形式を結び付けることは始まった。

王は、ワタリガラスの頭の従来のブータンのシンボルで飾られた王冠を着用していました。
また、彼は花嫁に多くの明るく色づけしたスカーフを渡した。

カップルも、長寿、知恵および他の肯定的な属性を記号化する一連の贈り物が贈られた。

形式上の結婚式の後に、ドラムが打たれ、儀式のトランペットが鳴ったとともに、歌手は祝う歌を暗唱した。

伝統的なローブを着用している赤ん坊象は、さらに要塞のグラウンドにいた。

結婚式には、訪問中の国家元首、外国の王族あるいは有名人は居なかった。

彼らはおもに、ブータンの王室で参加した。

「結婚の全体のテーマは、それを単純なブータンの家族である事柄だけにしておくことでした。」とブータンの情報の秘書キンリー・ドルジ(Kinley Dorji)がAP通信社に伝えた。

カップルが僧院に着くのを見た僧は、彼が「非常に今日の果報者」であると言った。

ロイターの通信社のケサング・コペル(Kesang Chopel)は、「特別の感じがあります。」と伝えた。

ブータンにおいて、一夫多妻は有効であるが、王は、彼の父親の例に従い、より多くの妻を連れて行く、とは予想されないと報告書が述べた。

ジグメ・ケサール・ネガヤル・ワンチュクは、インドとイギリスで教育され、彼の父親が2006年に退位の後に、引き継いで、国の民主主義の推移を始めた。

観光客は1970年代から、ブータンへの許可は出された。
また、さらに、国は、経済成長に対立するものとしての個人の幸福を測定するGDPの代わりに、「国民総幸福度(Gross National Happiness)」インデックスで有名になった。

2008年3月に、ブータンは立憲君主政体になり、王は彼の絶対権力を放棄した。

ブータンの野党党首Tshering Tobgayは、「ロイヤル・ウェディングは、君主制の連続性を保証した。」とロイターに伝えた。

「また、君主制は、私たちの民主主義を強くするのを支援しました。」
王は、彼女が若い少女だったときから、定期航空パイロットの娘であったジェツン・ペマを知っていた。
宮殿によってリリースされた履歴には、彼女の趣味として、美術、絵画およびバスケットボールとリストした。

よく見ると、ジェツン・ペマは、大きな珊瑚の化石と多くの三ツ目石があるもの凄いネックレスをしている。
チベット族のネックレスは多く見てきたが、こんな凄いのは見たことがない。

三ツ目石一つで、家1軒が買えると言われている。
全部だと数億円になることだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告