on-the-time.jp

2011年10月13日

イギリスの個人住宅賃貸料が高騰し、妥当ではなくなっている。

BBC Newsは、個人の賃貸料は今、イギリスの地方自治体の55%で手頃ではないと住宅チャリティー「シェルター(Shelter)」は言っていると報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

これらのエリアの家は、中央の平均のローカルの手取り給料の35%以上かかっている。
「シェルター」のプライベートな賃貸料監視報告書によって、手頃でないと考えられるレベルに達している。

チャリティーは、賃貸料を払うために食物を買うことを、私的に賃貸しされる子どもがいる家族で、38%が削減したと言った。

住宅大臣グラント・シャープス(Housing Minister Grant Shapps)は、
「それは賃貸料および縮小された選択を押し上げていた。」
それが官僚的形式主義を抑制したと言った。

保護の研究で、賃貸料が2007までの10年間で収入の割合の1.5倍まで上昇したことが分かった。

それは、イギリスの地方自治体で8%の個人の賃貸料が「非常に手頃ではなかった」と言い、平均賃貸料で常勤の手取り給料の少なくとも半分を要する。

そのエリアの12%だけが手頃だったとそれは付け加えた。

イギリスの場合、貸部屋は結構空いているが、高くて借り手が居ないと言うことが、これまでにも多く起こっていた。

そう言えば、イギリスで。「貸部屋あり」と言うのを英語で「TO LET」と表記されるが、最初にイギリスに行ったとき、やたらに「TO LET」と言う看板が目立ち、私は「TOILET」と間違え、イギリス人の友人に、ロンドンにはトイレが多すぎると言うと、大笑いになった。

そこで「TOILET」から「I(愛/LOVE)」が消えた、つまり失恋して新しい部屋がいるんだと、日本語の解説を加えたら、運転していた友人がもう少しで事故をしそうであった。

英語と日本語をごちゃ混ぜにすると、実に不思議なことになる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告