2011年10月13日

ギターのギブソンは、熱帯雨林破壊者?!

BBC Newsは、米国の有名なギター・メーカーであるギブソン(Gibson)がギターを作る材木を輸入し、それが環境法令を壊したと主張され、犯罪捜査に直面していると報告した。

それは同時に、ロックを初め、多くの音楽が熱帯雨林破壊をしていたことになった。

アル・ゴア元副大統領(former Vice President Al Gore)が、自然破壊反対コンサートを行ったが、そこに参加していたほとんどの音楽家が、熱帯雨林破壊者であった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ナッシュビル・ミュージックストアで55歳のビリー・ジャック(Billy Jack)が座って、フェンダー(Fenders)にするか、ギブソンにするか悩んだ後、光る新しい3台のギブソンのギターに注視していた。

ベテランのギタリストのビリー・ジャックは、US$3,800のギブソン・レスポール(Gibson Les Paul)を大事にかかえて、彼がロックの像の道具のうちの1つの愛好について説明するとともに、行かれた反復楽句をリコールした。

連邦捜査官は2011年8月28日に、インドの紫壇の出荷をとらえて、尊敬すべきギター・メーカーであるギブソンのナッシュビルおよびメンフィスの家屋敷を強制捜査した。

代理人は、ギブソンが、原産国の法令に同様に応じることを米国への輸入品に要求する環境法令であるレーシー法(Lacey Act)の契約を破ったという疑いの中で、捜索令状が発行されていた。

レーシー法が2008年に修正されて以来、それはギブソンへの2回目の襲撃であった。

ギブソンは、今「承諾しがたい、やり過ぎ」として、米国の連邦政府の保守的で有名な裁判で、反ワシントン活動家と窮境を迎えることになった。

犯罪捜査に直面して、ギブソン上司ヘンリー・ジャスキービックス(Henry Juskiewicz)は、彼のものを堅固に支援するために呼ばれた日差しの強い週末集会でナッシュビルのステージに現われて、ティーパーティーと不安な同盟を結んだ。

違法伐採は、ギターを作るために使用される森の評判がよい供給が、以前より不足しより極度に規制されることを意味した。

絶滅しそうな種として公式にリストされて、何人かのギタリストによって「究極の目的」と見なされたブラジルの紫壇(dalbergia nigra)は、有効に利用不可能になっている。

マダガスカルからの黒檀および紫壇の輸出は環境運動グループから圧力の中に締め出された。

インドからはある条件の下でのみ利用可能である。

しかし、硬材の常に減少する供給の需要で、次のものを値上げさせていない。

ヘンリー・ジャスキービックスによれば、ギブソンは、単独で1日当たり約700本のギターを生産している。

マダガスカルの黒檀の出荷が没収された2年後に、インドからの出荷がこの6月、ダラスに着いた時、ギブソンは問題に陥った。

連邦宣誓供述書によれば、この材木は、インドから輸出することを不法にした関税コードの下で米国へもたらされた。したがってレーシー法を破ったことになった。

ヘンリー・ジャスキービックスは、森が持続可能な出所からであることを要求した。
また、論争は関税コーディングに関して実際に起こっている。

ギブソンがその解釈を支援するインド政府からの手紙を持っているとヘンリー・ジャスキービックスは言った。
しかし、それらは公になっていない。

日本がクジラと象牙できる死んでいるように、世界中のロック・スターはギターを取り上げられる!

そう言えば、1960年代から1970年代に新宿西口地下広場でフォークゲリラをやっていたが、彼らはベトナムに平和を要求しながら、自然を破壊していた。

プラスチック化石燃料から作られている。

そこらの雑草を圧縮し、ギターを作る技術を開発すべきかもしれない。

壊れたギターは、バイオリンのように分解し、新しく組み立てる時代になったと言うことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。