2011年10月13日

アップルは、オーストラリアでもサムソンとのタブレット戦争に勝った。

BBC Newsは、オーストラリアの裁判所は、韓国のサムソン電子(Samsung Electronics)のタブレット型コンピュータの販売を一時的にオーストラリアで禁止し、世界的な特許権侵害でアップルが勝利したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

アップルは、タッチ・スクリーン技術をコピーしたことでサムソンを訴えた。

2つの会社は、米国、ヨーロッパ、日本および韓国で法廷闘争に巻き込まれている。

サムソンは、スマートフォンおよびタブレット産業の中で支配的なアップルのへの主な挑戦者である。

アップルは、ヨーロッパの最も大きな経済ドイツでGalaxy Tab 10.1の販売を禁止する裁判で、既に勝利している。

泥沼の戦いも、ここまで来ると部外者でも今後どうなるのか興味がわいてくる。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト