2012年01月14日

米長邦雄日本将棋連盟会長が、世界一コンピューターと対決!

日本将棋連盟は2011年10月04日に、本将棋連盟の68歳になる米長邦雄会長は平成23年10月1日付で、北陸先端科学技術大学院大学の特任教授に就任したと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

それに伴い、2011年10月03日月曜日に、東京都港区の北陸先端科学技術大学院大学東京サテライトA,B会議室(品川インターシティA棟19階)で、「寄附講座『思考の可視化』の開設」の記者会見が行われ、北陸先端科学技術大学院大学の片山卓也学長より米長会長に特任教授の辞令交付が行われた。

片山卓也学長は、「人工知能研究領域の中の『ゲーム情報学』において、ゲームに関するサイエンスを展開し、研究を行っております。今回の研究テーマは『思考の可視化』で、プロ六段の資格を持つ本大学の飯田教授を中心に、プロ棋士の思考がどのようになっているかを解明していきたいと述べた。

この寄附講座は富士通が提供した。

富士通の川妻庸男執行役員常務は、
「我々が行っている大きな技術テーマの中に、『脳の理解』というテーマがあります。人がどのように感じているか、また物をどういうふうに判断しているか。コンピュータにはそのような要素がまだ備わっていないので、そこをより追究していきたいと思っています。今後は、人間がなぜそのように考えたかという『思考プロセス』に関する研究者・学生が増えることを望んでおります」と述べている。

米長邦雄会長は、
「プロ棋士の大局観・ひらめき・読みというのは"体験的"なものから引き出されていると思います。一方、コンピュータはそれらを科学的・理論的に突き詰めていきます。自分の持っている勝負哲学が科学的に解明されるのは喜びで、楽しみを感じます。将棋指しの脳の使い方がコンピュータ(人工知能)の進歩に寄与できるということで、この度の講座をお引き受けした次第です。コンピュータは何を参考にして、どういう学習能力で強くなっていくのか。またプロ側はこれについてどういうふうに考えているのか。皆様と議論していきたいと考えています」と述べている。

また、日刊スポーツは2011年10月06日に、日本将棋連盟は2011年10月06日に、米長邦雄会長(2012年1月14日に東京都渋谷区の将棋会館で、コンピューターソフトと特別対局を行うと発表した。

対戦するソフトは、今年の世界コンピュータ将棋選手権で優勝した「ボンクラーズ」で、永世棋聖の米長会長は名人1期獲得など活躍した後、2003年に現役を引退した。
振り駒により後手番となった米長会長は「先手がほしかった。力をどこまで戻せるか。頑張りたい」と抱負を語った。

過去、公の場でコンピューターとは、2007年に渡辺明2冠、2010年に清水市代女流六段が対戦した。渡辺2冠は勝ったが、清水女流六段は敗れていると報告している。

こんなことをするためのスーパー・コンピュータを開発するため、ノーベル賞受賞者は、当時の日本の総理であった鳩山に合い、富士通にスーパーコンピュータの開発予算を国民の血税から出すように団体で要請したことになった。

その前に開発したスーパーコンピュータは円周率計算桁数の世界記録を作るために利用され、パソコンを並列でつないだシステムに2009年12月31に負けた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。