2011年09月13日

存在しない法則の罪で、逮捕された人。

Libertarian Newsは、Kris Baileyがオースティン市議会の選挙きゃんペン中に、オースティン市で電動タクシーの所有者クリス・ニールセン(Chris Nielsen)に合ったと報告してきた。

クリス・ニールセンは、グリーン・エネルギー・ビジネスに対する彼の考えで、オースティン市に対して低速電気自動車で3-年間長期戦を行なっている。

モバイルのマーケティング会社が乗り物の横に広告を出すことで、広告収入を得て、サービスでお金を請求していない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

このビジネスで、彼を禁じる法則はない。
しかし、city-the police-の施行側は、ビジネスを規制する法則の不足が、法則に違反した活動を構成すると決めた。

ドライバーのクリス・ニールセンは、今、存在しない法則で、約200枚のチケットおよび逮捕された。

結局は、営業許可が必要だというのだろう。

しかし、オースティン市議会は、行動することを拒絶し、ビジネスを繰り返し無視し、何も間違っていないふりをしている。

何もこのビジネスが作動することを「防がない」と多数の市議会議員は言っている。

Kris Baileyは、多数の会議メンバーに会い。電話をし、電子メールも書いた。

そして、クリス・ニールセンがは無視されている。
また、オースティンのシティーは、このビジネスが存在することは望まない。

タクシー・ロビーは競争について関心を持っており、市議会と市長の現職議員のすべての間でUS$36,700を寄贈した。

Kris Baileyは、クリス・ニールセンのために、カートを運転した。
Kris Baileyは、2組を乗せた。

1番目は、降ろされた時、数ドルを渡し、2、3人の女性が感謝した。

Kris Baileyは、誰かが任意にお金を支払うことを拒否しなかった。

このポイントで3人のAPDオフィサーがKris Baileyを止め、「許可なしでの活動」および「運転手ライセンスがない」ために罰則チケットを書いた。

Kris Baileyは、許可とライセンスが存在しなかったことを説明しようとした。
しかし、とりあってくれなかった。

複数回、どんな法律違反か尋ねた。
また、オフィサーは、申し立てによると、破っていた法則を引用することを拒絶した。

彼らは、もし再度活動するのを見れば、逮捕するだろうと伝えた。

Kris Baileyは、オースティン警察が権利あるいは気まぐれの上のビジネスをシャット・ダウンする権限を持っていないと決定した。

そこでさらに、もう一人の人を乗せてた。
警官は、彼が再び、4US$を渡すのを見て、直ちにやってきて来て、手錠をかけた。

これで完全に、存在しない法則の罪で、逮捕されたことになった。

翌朝解放されるまで、刑務所にとどまった。

顔写真と指紋をとるオフィサーは、刑務所で働く他の人すべてにそのファイルを見せた。

間違ったものは何もしていない。
存在しなかった法則で、逮捕され。手錠がかけられ、刑務所に入れられた。

さあ、この問題に、市長と市議会はどう対応するのか?

何も悪いことをしていない人を逮捕する権利は、誰にもない!

こういうサービスがあって、なぜいけない?
お金は請求しない。
チップは貰う!
昔の靴磨きのようだ!

ドネーションで成立する街の乗り物?

オースティンでは2020年までに36,000の電気自動車を計画している。
既に103のチャージ・ステーションもある。

Austin CityのGoogle Earthポインター情報
30°16'1.75"N,97°44'35.02"W
または、
30.267153, -97.743061

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告