2011年09月13日

インテル・チップは24時間10日間連続使用を約束!

MacObserverは2011年09月13日に、ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)がインテルは2011年09月13日火曜日に「Ultrabooks」上で待機時間と共に、24時間10日間接続できる新しいチップ・アーキテクチャーを発表したと報告した。

今日の発表はWindowsとアンドロイド(Android)に集中したが、プロセッサーは、さらにアップルのMacBook Air and/or Pro lineでも可能であった。

拡張電池寿命に加えて、さらにをコンピュータで利用可能な郵便切手サイズの太陽電池のプロトタイプを公開した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

これらはサンフランシスコで開催されたIDF(Intel Developer Forum/インテル・ディベロッパー・フォーラム)で公開された。

最初に紹介したのは、22nmの技術に基づいた「アイヴィー・ブリッジ(Ivy Bridge)」プロセッサであった。
このプロセスは、今年の初めに明らかにされ、アップルが現在使用している現在のサンディー・ブリッジ(Sandy Bridge)プロセッサの後継者になり、3Dトリ・ゲート・トランジスタ(3-D Tri-gate transistors)を使用している。

これらのプロセッサは「Ultrabooks」向けになっている。
「Ultrabooks」とは、インテルがアップルのMacBook Airと競争することを目指したPCラップトップの名称である。

マイクロソフトが発表した「Windows 8」で、「Ultrabooks」ついて話して、火曜日に多くの時間を過ごした。

どんな場合も、アイヴィー・ブリッジ・プロセッサはより速くなり、現在のサンディー・ブリッジ・プロセッサより少ない消費電力になる。

しかし、2013年を向けて、我々は、ハーズウェル(Haswell)プロセッサを装備した未知の領域に達することになる。

この次の次の世代プロセッサの主旨は、使用されていないプラットフォーム・パワーを「コンピュータの性能を危険にさらさないで、現在の設計より20倍以上縮小する。」ことである。

インテルCEOポール・オッテリーニ(Paul Otellini)によって言及された待機時間の10日は、このより低い使用されていない電力消費量および無指定の「産業共同作業」のコンビネーションによって到達する。

現在のMacBook Airは、1日7時間で30日間のスタンバイを達成した。
これは、先例がない電池寿命で、大部分はSSD(solid state drives/ソリッド・ステート・ドライブ)のような新しいサードパーティー技術をストレージおよび他の開発に使用する見つける方法を含んで、アップル独自の技術開発によって達成された。

インテルはPC産業の残りびウィンテル・デバイルで、同様の改良をアップルと同じくらい熱心に動かさせるために熱心に働いている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告