gaYa広告

2011年09月14日

FoxconnのブラジルiPad工場は、既に動いている!

MacObserverは、ジェフ・ガメット(Jeff Gamet )がFoxconnの新しいブラジル組み立て工場は、最近本格的に立ち上げられたが、ブラジルの科学技術大臣アオリジオ・メルカンダンテ(Aolizio Mercandante)は、12月に出荷するiPadsセットが既に作っていると言ってる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アオリジオ・メルカンダンテは、
「初めは、多数を疑いました。しかし、会社がはじめて中国以外でiPadsを生産するでしょう」
「私たちは、国でデジタル包含のために大きく一歩進んでいます。」と言っている。

UOLによれば、アオリジオ・メルカンダンテは火曜日にブラジルの経済情勢の委任とヒアリング中で、その発表を行なった。

工場開始は中国以外でFoxconnの最初で、この押し上げはブラジルの経済にもたらすかもしれいと言っている。

プラントは、4年以内にフル生産を開始すると予想されている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告