2011年09月13日

あなたのiPhoneのリンゴマークは光りますか?

Cellular-Newsは、イギリスの修理工場は、アップル・ラップトップ・コンピューター上のリンゴマークが光るように、アップルのiPhoneのため、リンゴマークは光らせる修理技術を開発したと報告した。

あれ、あなたのiPhoneのリンゴは、まだ光っていない?
時代遅れのiPhone????

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

MacRumoursは、iPatchのクリス(Chris)とアンディ(Andy)は、モダンなものを小売りしたくて、完全にオリジナルに見えるピンクのiPhoneリヤ・パネルも開発して、£100(US$160)と所要時間1時間未満で、リンゴマークが光るようにしてくれる。

あれ、あなたのiPhoneは、まだ真っ黒か白?
ピンクじゃないの?
時代遅れのiPhone????

さしずめ、これはiPhoneのシステムに触らないので、iPhoneの入れ墨(Tattoo)と言う感覚かもしれない。

ホワイトiPhoneで大騒ぎしていたが、iPodは虹色になった。

もうすぐiPhoneも虹色になるでしょう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。