2011年09月13日

ヨーロッパのAndroidスマートフォン、トップ・サプライヤーはHTC。

Cellular-Newsは、comScoreからの情報としてフランス、ドイツ、イタリア、スペインおよびイギリスのEU5カ国で、4台のスマートフォンの内1台がGoogle Androidのプラットフォームを使用していたと報告した。

HTCはAndroidデバイスのOEM(Original Equipment Manufacturers)として、34.6%のシェアを占め、サムソンがそれに続いて31.7%のシェアであったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

comScoreヨーロッパデモバイル担当副社長のジェレミー・コップ(Jeremy Copp)は、
「スマートフォン採用は、Google Androidのプラットフォームの高まる人気によって大部分で駆り立てられて、前年から重要な成長を見た。」
「シンビアンはEU5カ国のスマートフォン市場をリードし続けているが、Google Androidは、アップルを最近抜いて2番目にポピュラーなプラットフォームの位置を獲得している。

それが恐らくモバイルのメディア景観にとって遠大な意味合いを持つので、有効にヨーロッパのモバイルの聴衆に連絡することを期待するネットワーク・オペレータ、出版者および広告主は、地域のアンドロイドの継続的な成長に細心の注意を払わなければならない。」と言っている。

この図でもっと注目されるのは、ノキアのシンビアンと、次に採用するマイクロソフトが大きく落ち、その他が伸びていることである。

2011年7月末までの3ヶ月で、EU5カ国のスマートフォンを使用した人が前年比で44%上昇し、8,840万人になった。

Google Androidは、2010年のシェア16.2%から、2011年に22.3%に増加させた。

Google Android市場では、HTCとサムソンだけで、市場のほぼ3分の2を所有している。

2011年7月のEU5のモバイルのベンチマーク・データでは、モバイルの消費行動および装置浸透の調査を含むデータとして紹介された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。