gaYa広告

2011年09月13日

ヨーロッパのAndroidスマートフォン、トップ・サプライヤーはHTC。

Cellular-Newsは、comScoreからの情報としてフランス、ドイツ、イタリア、スペインおよびイギリスのEU5カ国で、4台のスマートフォンの内1台がGoogle Androidのプラットフォームを使用していたと報告した。

HTCはAndroidデバイスのOEM(Original Equipment Manufacturers)として、34.6%のシェアを占め、サムソンがそれに続いて31.7%のシェアであったと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

comScoreヨーロッパデモバイル担当副社長のジェレミー・コップ(Jeremy Copp)は、
「スマートフォン採用は、Google Androidのプラットフォームの高まる人気によって大部分で駆り立てられて、前年から重要な成長を見た。」
「シンビアンはEU5カ国のスマートフォン市場をリードし続けているが、Google Androidは、アップルを最近抜いて2番目にポピュラーなプラットフォームの位置を獲得している。

それが恐らくモバイルのメディア景観にとって遠大な意味合いを持つので、有効にヨーロッパのモバイルの聴衆に連絡することを期待するネットワーク・オペレータ、出版者および広告主は、地域のアンドロイドの継続的な成長に細心の注意を払わなければならない。」と言っている。

この図でもっと注目されるのは、ノキアのシンビアンと、次に採用するマイクロソフトが大きく落ち、その他が伸びていることである。

2011年7月末までの3ヶ月で、EU5カ国のスマートフォンを使用した人が前年比で44%上昇し、8,840万人になった。

Google Androidは、2010年のシェア16.2%から、2011年に22.3%に増加させた。

Google Android市場では、HTCとサムソンだけで、市場のほぼ3分の2を所有している。

2011年7月のEU5のモバイルのベンチマーク・データでは、モバイルの消費行動および装置浸透の調査を含むデータとして紹介された。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。