gaYa広告

2011年09月13日

Amazon、新聞社と雑誌出版社にiTunesへの対抗策を提案!

電子ブック

Cellular-Newsは、Amazonがコンテンツ所有者に対するタブレットにするための改善策として、収入シェア取り引きを申し出る準備をしていると報告した。

伝えられるところによれば、Amazonは次回のタブレット・デバイス用にコンテンツを安全にするために新聞と雑誌出版社に話しかけており、アップルのiPad加入者サービスより安く売ることを申し出てもよいと考えていると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

アップルはiTunesプラットフォーム経由で売られた予約から現在30%の収入シェアを要求するだけでなく、もし出版代表のコンテンツからリンクされれば、出版者に自分のWebサイト経由で予約販売の禁止を要求している。

この厳しいアップルの対応に、多くの出版者および新聞社を怒らせ、顕著にFT(Financial Times/フィナンシャル・タイムズ)が不満を爆発させている。

このAmazonの対応について、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)のレポートで、プラットフォームを支援するように出版者に説得するより低い収入シェア協定を提示していると報告している。

アップルの強引さと自信過剰が、Amazonに味方するかもしれない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告