2011年09月13日

Google中国、共同購入検索サイトを本格スタート!

新華社は2011年09月16日に、グーグル(Google)が2011年09月13日に、中国に向けて共同購入検索サービス「時恵(时惠)」をリリースしたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Googleによると、共同購入の情報は情報提供方から自動的に検索され、情報の選択や順位も自動的に行われるという。
しかしGoogleが現時点から中国の共同購入サービス分野に進出するのは、遅すぎるのではないか?と言う疑問の声もあると報告している。

現在、中国の共同購入サイトは5000社を超え、「団800(团800)」「百度団購(百度团購)」「360団購導航(360团购导航)」などの検索・共同購入サイトがすでにできている。
最近、アリババ傘下の検索サイト「一淘網」は共同購入検索サービスだけでなく、共同購入によるリワードポイントを提供し、市場競争を激化させた。

「団800」の創業者である胡琛は、「共同購入の情報は実際の商業的流通に取って代わるものであり、情報の蓄積と分析はGoogleのショッピング検索及び今後の事業発展に役立つはずだ」と言っている。
だが「Googleの共同購入検索分野への進出が遅れ、しかも自動検索結果を提供するだけで、ニーズに応じることができない」と指摘する人もいる。

Googleの共同購入検索サービスへの進出は市場に打撃を与えるものではなく、2年ぶりの中国向けの新サービスを提供することに意義があると言っている。

Google中国は先週、ICPの許可証の定期検査にパスした。
これは、google.cn「谷歌」が正常に運営できることを意味している。
また2011年09月15日に行なわれた「2011年パートナーシップディー」で、Googleグループの関係担当者はメディアの質疑にも応じた。
Googleの中国市場への開拓は遅まきながらも進んでいると言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。