2011年09月14日

6ヵ国協議の早期再開、各方面の共同利益に合致。

新華社は2011年09月16日に、ウィーンで開催されたIAEA(International Atomic Energy Agency国際原子力機関)理事会会議の席上で中国常駐代表の成競業(成竞业)大使は2011年09月14日に、6ヵ国協議の早期再開の必要性について言及したと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

朝鮮半島の非核化は、朝鮮半島ひいては北東アジア全域の平和を守る効果が望める。
同時に同協議は各方面が対話を通じて関係改善を求める重要な場であり、各方面の共同利益に合致すると発言した。

中国常駐代表は、朝鮮半島核問題で中国が取り得る態度について「対話と協議を通じて平和的に朝鮮半島核問題を解決し、半島の非核化を実現して朝鮮半島と東北アジア地域の平和と安定を守ることである。中国は一貫して6ヵ国協議の再開推進を各方面に促し、各方面への適切な配慮のために力を尽くしている」と述べた。

また関係方面が前向きな対話と6ヵ国協議の再開について話し合ったことに対する歓迎の意も示した。

また朝鮮への保障・監督を実施する上でIAEAが機能を発揮することについても引き続きサポートし、関係方面および国際社会と密接に連係して朝鮮半島の非核化を推進し、北東アジアの長期安定を実現するとの中国の見解を表明した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。