2011年09月14日

「水滸伝」で最もみだらな女性「潘金蓮」解析と新版《水滸伝》。

美容と医学の科学

SOHU(搜狐)は、各衛星放送局が人気番組を放送するため、古典の「水滸伝」を提供するため、108人の梁山の好漢の支配者の男の劇の中で、誰が最も人の関心の持たれるかと言うことで競っていると報告した。

多くの人が、水滸伝、および同じく四大奇書の一つ「金瓶梅」でともに登場する、通説では架空とされている中国伝説の美女(悪女?)「潘金蓮(はん きんれん/Pan Jinlian)」という名前を思い出す。

さて、あなたは誰が演じた「潘金蓮」が、最も美しく、最も乱れ、最も放縦し、可愛く美しいと思いますか?

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

「潘金蓮」とは、「水滸伝」の中で最もみだらな女性として有名で、彼女の物語はこれまでにも多く演繹され、各種のバージョンが作られてきている。

みだらなことと相連なるため、比較的に劇を作りやすく、だから多くの映画監督はすべて彼女の劇を十分に作りあげて、甚だしきに至っては新しい演出をプラスしてきている。

正統な《水滸伝》のドラマは、上各の原著から、何を引き出し、中心に何を置くかと言うことになる。
映画とテレビの作品として、すでに「潘金蓮」を中心に置いた《水滸伝》は10バージョン以上がある。

中には李香蘭の「潘金蓮」もあった。

誰を見ても最も美しく、最も乱れ、最も放縦し、誰が演じた「潘金蓮」が最も可愛く美しいかと言うことで話題にしている。

現在作られている新版《水滸伝》では、西門慶と潘金蓮の激情に心を奪われることだろうと言っている。

SOHUは全体を紹介した案内と、潘金蓮と西門慶の激情の部分だけを露出させ、切り取った案内を公開して聞いた。

中国では美女で、淫乱な、可愛い女として、潘金蓮を演じたことのない女優は認められないようである。

中国国営通信の新華社も2008年08月29日に、潘金蓮のトップ13を「花顏月貌風騷入骨:13位潘金蓮形象盤點 圖」として紹介している。

一、王思懿版潘金蓮
二、藍潔英版潘金蓮
三、張仲文版潘金蓮
四、傅藝偉版潘金蓮
五、楊思敏版潘金蓮
六、廖學秋版潘金蓮
七、王祖賢版潘金蓮
八、胡錦版潘金蓮
九、毛舜筠版潘金蓮
十、王茜版的潘金蓮
十一、黃美貞版潘金蓮
十二、汪萍版潘金蓮
十三、李香蘭片潘金蓮
十四、張柏芝版潘金蓮

ここでも、李香蘭が13位に入っている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。