on-the-time.jp

2011年09月14日

山西省で違法生産などにより、374社操業停止、408社閉鎖。

新華社太原は、山西省の安全生産監督管理局(国家安全生产监督管理总局宣教中心)によれば、安全生産監督管理局が山西省で2011年8月から実施している企業の生産安全検査で、これまでに石炭採掘企業など2万2224社を検査し、違法生産などが認められた374社について操業を停止、408社を閉鎖したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

検査の重点対象のひとつは、「尾鉱庫(選鉱くずや工業固形廃棄物の置き場)」だった。
安全生産監督管理局はこれまでに違法操業の炭鉱企業40社、尾鉱庫68カ所で検査を行い、問題点111カ所を指摘した。

山西省の安全監督局資料(山西省安监局资料)によると、全省の各類の事故による死亡人数は、2008〜2009年の1018人から、2009〜2010年に505人に減少し、2011年上半期には171人に減った。

とくに石炭生産では、百万トンの死亡率が、2005年の0.905人から、2010年には0.187人に減っている。
2011年上半期では、0.088まで下がり、世界的先進レベルを達成した。

山西の1000数基の炭鉱は、すでに18ヶ月間で、10人以上の死傷する事故の発生がないことを実現して、全省と同業界で新記録を達成している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。