on-the-time.jp

2011年09月13日

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミラー・コーティングを完了!

NASAは、JWST(James Webb Space Telescope/ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡)に搭載される最も大切なミラーのコーティング・プロセスをニュージャージー州ムーアズタウン(Moorestown, N.J.)のQCI(Quantum Coating Inc./クオンタム・コーティング社)が完了したと報告した。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミラーは、適切に観測所の科学道具の中で、ミラーからの赤外光を反射するその能力に選ばれて、金の微視的に薄い層で覆われた。

このコーティングは、赤外光中の非常に弱い物体を観察するために、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の「赤外線目」を与える。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミッションは宇宙で最も離れた物体を観察することである。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、1枚の大きな21.3フィート(6.5m)の主要な鏡としての18のミラー・セグメント共同作用と共に、21枚のミラーを持っている。

鏡自体のベースは、ベリリウム(beryllium)で作られている。
それは低温温度でその強堅、軽量および安定性で選ばれた。

露出したベリリウムは近赤外線をあまり反応しない。

したがって、ミラーはそれぞれ約0.12オンスの金で覆われた。

これで、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に搭載され、宇宙に飛ばされる主要なミラー・セグメントはの段階を完成した。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、ハッブル宇宙望遠鏡の次世代宇宙観測所であり、後継者である。

ミラーの生産は、非常に望遠鏡が軌道に乗る宇宙の極端な寒さの中にその形を保持する超硬合金ベリリウムで8年前に作られはじめた。

ミラー・コーティングは2010年6月に始まった。

望遠鏡中のより小さな鏡、第3の鏡および素晴らしい操縦する鏡のいくつかのものは、2010年に覆われた。

第2の鏡は今年の初めに終了された。

QCIは、ボール航空宇宙アンド・ノースロップ・グラマン(Ball Aerospace and Northrop Grumman)への契約の下にある。

QCIは、大きな鏡セグメントを覆う新しいコーティング設備およびクリーン・ルームを構築した。

QCIは、最初の飛行鏡を覆う前の2年の努力で、均一性、低温サイクリング、耐久性、ストレスおよび反射率のようなあるエリアの実行のための金メッキを開発した。

このプロセスでは、金は2,500のファレンハイト(摂氏1,371度)以上に、その液体のポイントに加熱され、鏡の光学面上で蒸発する。

その金コーティングは、120ナノ・メーターである。

ただし、ここに来て、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡開発の予算問題が噴出している。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。