2011年09月09日

スーパー・コンピューターは革命を予言。

BBC Newsは、ニュース記事をスーパー・コンピュータで分析することで、米国研究によれば、主な世界の出来事を予言するのを支援することができたと言ったと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

何百万もの記事に基づいた研究は、リビアとエジプトで最近の革命に先立って、チャートで示した。

分析は回顧的に行なわれたが、科学者は来たる矛盾を予想するために、同じプロセスを使用することができるかもしれないと言った。

イリノイ大学の人文学、芸術および社会科学(University of Illinois' Institute for Computing in the Humanities, Arts and Social Science)のカレブ・リータル(Kalev Leetaru)は、コンピュートするための研究所から、雑誌「First Monday」の中で、彼の調査結果を示した。

研究の情報は、米国政府が運営するオープン・ソース・センターおよびBBCのモニタリングを含む一連の出所から得られた。

地元マスコミは、世界中でそれらの両方を出力した。

ニューヨークタイムズのアーカイブのように、1945年まで戻って、オンライン・バージョンを公表した報道機関も分析された。

カレブ・リータルは、合計で1億を超えるアーティクルを集めた。

つまり、データによるタイムマシンを構築したと言える。
データを元に、どう未来を予測するかと言うことのようだが、最終判断は非常に難しくなることだろう。

タイムマシンを物理的に実現するか?
データ的に実現するか?

報告書は:出来事が起こっていたところで、、2つのメイン・タイプの情報のために分析された。
記事は良いニュースあるいは悪いニュースであるかと言ったムードと、ストーリーの他の参加者の位置を表わした。

ストーリー要素の分析は、100兆の関係の相互に連結したWebを作成するために使用された。

コンピュータ・イベント分析モデルは、大事件の感傷の質を下げることに基づいて警告することを与えるように見えた。

しかし、この研究の場合には、その分析が、既に起こったことに適用された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告